Categories

Archives

一覧を見る

事業開始20周年記念パーティ

1997年6月末に秋葉原のPC教室をお借りして、ワードやエクセルの試験を行ったのがオデッセイコミュニケーションズの事業の始まりです。それを記念して先週金曜日(7月7日)夜、都内でささやかなパーティをおこないました。これまでお世話になった方々のすべてではありませんが、お時間の都合をつけていただくことができた多数の方々にご出席いただいたことに感謝です。簡単なスライドショーでは、ぼくの20年前の写真もちらっと写したのですが、当然ながらあの頃は若かった。

10年後には30周年記念のパーティをおこなうべく、人生を楽しみつつも、社業には精を出していきます。


IMG_0605.JPG

奨学生の来社

オデッセイコミュニケーションズで行なっている社会貢献事業に、高校留学のAFSに出している「オデッセイIT奨学金」と、ぼくの出身大学である一橋大学生に出している「オデッセイコミュニケーションズ奨学金」があります。
先週は、一橋大学在学中に奨学金を提供した中瀬君が、そして今日は高校在学中にAFSでミネソタ州に1年間留学した時に「オデッセイIT奨学金」の第1期の奨学生だった池上君が来社して近況報告をしてくれました。この二人は、何年かに一度は近況を知らせてくれてぼくを喜ばせてくれる若者達です。中瀬君は大学卒業後1年ほどで転職してしまってちょっと心配していましたが、新しい職場に慣れ(1年経過)、頑張っているようなのでひとまず安心。池上君は防衛医科大学を晴れて卒業し、海上自衛隊の中で医師としての道を歩みはじめということで、これからの成長が楽しみです。

奨学金を出す会社側としては、こうやって時々顔を見せてくれる元奨学生の存在はとてもうれしいもの。実は、そんな学生は少数で、それはそれは寂しい話なのですが。

知り合いの方で、お父様が戦後日本を代表するSという会社を作った方がいます。お父様の代に財団を作り、大規模に奨学金を出していたようですが、奨学金を出しても感謝の気持ちを示してくれる人(家族)が少なく、もうやめようと思うというようなことをおっしゃっていたことを思い出します。

エドはるみさんの大変身

今日からテレビCMが始まるそうですが、エドはるみさんが半年ほどで18キロの減量に成功したとか。
すごい!
うちの会社が初めて出したテレビCMに出てくれたのが、エドさんだった。彼女はかつてパソコンのインストラクターをやっていたことがあって、彼女に決めたのはそれが大きな理由の一つだった。CMに出てくれた年には、24時間マラソンに出るなどタレントして絶好調だった。うちの会社の新年会にも顔を出してくれて、とても感謝しています。
今回、18キロ減量を果たし、再度テレビに出てくる機会が増えるでしょうね。小池百合子都知事の勉強会にも参加していたという話を聞いたことがありますので、この勢いで東京都議会選にも出馬でしょうか?!

新入社員の力

4月が新年度の始まりという会社は多いことだろう。朝、体に馴染んでいないスーツ姿の若い人たちが街を歩いていた。
新入社員には力がある。本人たちが自覚していないだけで、周りの人間に目に見えない影響を与える。
先輩社員たちに自らが新人だった頃を思い起こさせる。それは往往にしてプラスの影響を与えてくれる力だ。
でもその力も、新人たちが職場に慣れ始めた頃には、すこしずつ弱まっていくかもしれない。中には最初から新人たちの力を感じない先輩社員もいるかもしれない。

うちの会社にも2名の新人が入って来た。彼らを迎えた我々はもっと頑張らなくちゃ。

服がくれる自信。

「コンサートに行っても、黒い服を来ている人が多くって、でも実は黒い服って着こなすのが難しいのに」。
いまは自信をモテない人が多い時代なのかも。みんなと同じ服を着ていることの安心感。みんなと同じ服を着て会社の面接に行き、みんなと同じ服を着てコンサートに!
そんなことを今日会社にお越しいただいたスタイリストの方のお話をお聞きしながら、思った。

ぼくも含めて、うちの会社も、自分のファッションに納得している人ばかりではないので、存じ上げているスタイリストの方に、ファッションに関する講義と社員個別のアドバイスをいただくことにした。
映画やテレビドラマに出てくる俳優たちと仕事をしているスタイリストの方に、直接アドバイスいただける機会はそうそうあるものではないので、社員の人たちにも喜んでもらえたのではないかと思う。

自分を活かしてくれる服を着ることで、人は自信を持つことができる。そのためにも、自分のことを知る努力、自分に合った服を探求していく努力を惜しまないこと。

自信と言えば、うちの会社で運営している各種資格に挑戦することで得られる大きなメリットの一つも、実はこの「自信」ではないか?

ホンモノの自信がある人は、泰然とした落ち着きが身に備わっているけど、なんとなくオドオド、他人の目を気にする人が多いように思う。

世界学生大会、帰りの機内でみた映画「All Things Must Pass」

昨晩、アメリカから帰国しました。
8月9、10、11日の三日間、フロリダのオーランドで、MOS/ACA世界学生大会とビジネス会議がありました。
今年も日本代表は入賞することができませんでしたが、参加者一人ひとりは自分のベストを尽くしたことと思います。
これまで以上に参加国は増えたようでした。アジアからはパキスタン、ラオス、カンボジアなどこれまであまり聞いたことのなかった国からの学生が参加していましたし、東ヨーロッパやアフリカ、ラテンアメリカからも多数の参加がありました。

「参加することに意義がある」というのは、月並みでちょっと物足りない慰めのような気もします。参加した学生たちは、日本代表に選ばれてからしっかり準備してくれたことと想像しますが、これからの勉学やキャリアにプラスになる経験にしてもらいたいと希望しています。

オーランドのあとはニューヨークに立寄ました。久しぶりにセサミワークショップ(セサミストリートを制作)を訪問し、2年前に就任した新社長、日本語版セサミストリートを制作しテレビ東京で放送していた10年ほど前から付き合いのあるライセンス担当の人間と会ってきました。

ニューヨークはフロリダ以上の猛暑で、ヘトヘトに。

帰りの機内で見たドキュメンタリー映画がたいへんおもしろく、2回続けてみました。日本では公開されていないようですが、タワーレコードの誕生から崩壊までを、関係者へのインタビューを中心にまとめたもの。

題名は、All Things Must Pass. すべてのことには終わりがあり、過ぎ去っていくという、奥の細道みたいなタイトルです。George Harrison の歌にもあるのかな。
とてもいい作品で、ビジネスをやっている人間、特に自分で事業を始めた人間にとっては、感動的なストーリーでした。日本の子会社が海外展開のなかで例外的に大成功だったことも、この映画で知りました。
No Music No Life という彼らのメッセージは、日本子会社から生まれたものだそうです。創業者のラス・ソロモンにとっても、日本市場は特別の思い入れの対象のようです。

All Things Must Pass. 予告編
https://youtu.be/DAepjF6_N68

プラスの印とマイナスの印

生まれてから死ぬまで、先生、同僚、知人・友人たち、あるいは両親から、何らかの評価を受けながら生きていくのが人間だとすると、その評価にはプラスの印となるものと、マイナスの印となるものがある。

うちの会社の事業である資格試験は、合格者に認定証という印を差し上げていて、履歴書にも合格の履歴を書く事ができる。それはプラスの印となる。

ただ、生きていく上では、マイナスの印を受けてしまう事もある。

先日、半日で終わる簡単な人間ドックを受けた際に、「医者というのは一定の異常値が見つかった時には、それに病名をつけるのが商売なので、あなたのこの数値は、◯◯症と言います。でもたいしたことではないので、気にしないで下さい」と、訳の分からないことを言われた。たいしたことないのだったら、病名をつけて呼ぶなよ、と言いたくなった。これなど、勝手にマイナスの印をつけられたようなもので、これほどいい加減でなかったとしても、世の中では、「あの人は、どこどこのエリアの出身だから」とか、「ちょっと変わった性癖がある」とか、マイナスの印(あるいはマイナスのニュアンスを持つ印)をつけたがる人も多い。

プラスでも、マイナスでもないはずの血液型、本来なら中性と言える属性なども多いのだけど、そういうものにさえ、プラスであったり、マイナスであったりの印を付けたがる人もいる。

少なくとも、プラスの印を発行していくことを生業としていることに感謝したい。特に、うちの会社で運営している資格は、一定期間頑張れば、きっと合格することができる、そんな資格がほとんどのはずだから。

年に一度のパートナープログラム授与式

今夜は毎年恒例の、お取引先の方々を招いてのパートナープログラム授与式と懇親会を行った。ここ数年、隣にある東京会館で行ってきたけど、来年1月末で立て替え工事が始まると聞いているので、いまある東京会館で行う最後のパートナープログラムになった。

2週間前からの腰痛のせいで、七転八倒しているのだけど、今日はどうしても頑張らないといけない1日だった。
歩くことも含めて、普段当然としていることが、当然にできないのは、えらいしんどい話だ。昨年慣れない春スキーで左手の親指を脱臼したときもそうだったけど、失ってあらためて感謝すること、ありがたみがずズドーンとわかるようなことが多い。

身体の一つひとつのパーツはもちろんだし、われわれが行っているビジネス全体を一つの身体としてとらえてみると、普段当然のこととしていることが、ちょっとしたことでうまく回らなくなったとき、大きなダメージにつながることも、しばしばある。

全国各地からお越し頂いたお取引先のみなさんはもちろんのこと、お越し頂くことができなかった先々の皆さんも、我々との関係において果たしていただいている役割に違いはあれども、皆さん、大切なお取引先であることに変わりはないと思う。

今夜は新しく作ったCMを皆さんにご披露する機会にもなった。3月にはいると、新しいCMを、西武鉄道(新宿線、池袋線)、京王井の頭線をはじめとして、JR東の各線でも一週間流すことになっている。うちの社員が登場する(実は恥ずかしながらボクもでるのだけど!)ので、多くの方に電車の中で観ていただけると、いいなと期待している。

MOS2013の試験も始まっているので、就職や転職を控えている若い人たちが、われわれの資格試験に挑戦して、新しいキャリアの第一歩を踏み出してくれるとうれしい。

ボク自身に関しては、とにかく、いまの腰痛を落ち着かせなくっちゃ。今週末から予定していたアメリカ出張も、結局キャンセルしないといけなくなってしまったくらいだから。

記録的な大雪、体調不良、CM制作、葛西の銀メダル。

記録的な大雪が2週末連続で続き、首都圏は大騒ぎ!
僕もこの間、体調ゼツ不調で、数日の間動けない状態でした。持病の腰痛が悪化し、まったく動けず。明日から予定していた1泊での国内出張もキャンセルせざるをえない状況になってしまいました。訪問予定先の金沢の皆さんにはせっかく時間を空けていただいたのに、たいへん申し訳ないと思っています。体調が回復したら再度チャレンジします。

一方では当社の新しいCM制作がもうフィニッシュというところに来ました。印象に残るものになったのでお楽しみに!
3月に入ったら、まず首都圏のトレインチャンネルでお披露目させてもらいます。JR東(中央、山手、埼京、京葉、京浜東北各線)、西武新宿、池袋線、それから今回初めて試してみる京王井の頭線ご利用の皆様、ご覧いただけると幸いです。

この一週間、痛み止めを飲んでベッドの上で七転八倒していたこともあり、体を横にしての文庫、新書読書が進みました。でも読書のために寝込むなんて事は勘弁してもらいたいです。健康体で歩き回っている方がよっぽどいい。

あ、それからスキージャンプの葛西選手。41歳で初の個人銀メダル。スゴい!
この選手の執念に敬意を払います。僕(ら)は、この人のような執念をもってビジネスに取り組まないといけない。

オデッセイユニバーシティ_お取引先の皆様、ありがとうございます。

オデッセイユニバーシティ
東京丸の内で、今年夏のオデッセイユニバーシティを行いました。北海道から九州まで、100名以上のお取引先の皆様にお集りいただきました。日頃のご愛顧に心より感謝申し上げます。うちの会社が過去15年にわたってビジネスを行ってくることができたのは、今日お集りいただいた皆様を始めとする全国の試験会場の皆様のお蔭ですから。

来週30日には、大阪でも開催します。

タンタン

全国お取引先の皆さん、ときには疲れてしまい、投げ出したくなることもあるかもしれませんが、そんなときには一休み!ちょっと休んで、頭と気持ちをすっきりさせて、粘り強く一歩ずつ前進していきましょう。(写真はうちの会社の会議室にあるタンタンとスノーウィ)

立教大学経済学部渡辺ゼミの皆さん、ありがとう。

立教大学経済学部渡辺ゼミの皆さん。

立教大学経済学部渡辺ゼミのみなさんが、授業の一環として来社。立教大学学内で行ったMOSに関するアンケートをもとに、学生の皆さんからみたMOSに関して、さまざまなアドバイスをいただきました。みなさん、率直なアドバイスをありがとう。

一橋大学で提供しているオデッセイコミュニケーションズ奨学金の面接でも毎年10名前後の学生に面接させてもらっていますが、今の学生たちの多くは本当に優秀!今日来社してくれた立教大学の学生たちからも、非常に的確なコメントやアドバイスをもらいました。皆さんの今後の発展をお祈りしています。

2013年MOS/ACA世界学生大会日本大会表彰式

今年からアドビのACAも世界大会が始まります。
今日は、MOS/ACAの日本大会表彰式を、東京国際フォーラムで行いました。
北海道から九州まで200名近くの方々にご参加、ご参列いただきました。皆様に感謝申し上げます。

今年はMOSで5名、ACAで1名を、日本からアメリカに派遣します。場所は、ワシントンDC。
日本代表の活躍を期待しています。

MOS世界学生大会HP
世界学生大会FB

日本大会表彰式
表彰式メイン会場にて

会場外のパネルの前にて
会場外のパネルの前にて

表彰式あとの懇親会
表彰式あとの懇親会

さあ、明日から後半戦。

オデッセイコミュニケーションズは1月に始まって、12月に年度を終了します。

6ヶ月たった6月末で前半戦終了ということになるのかもしれませんが、それではダメなんじゃないかと思うようになりました。

GWが終わったところで前半終了で、GW明けから後半戦、12月は予備の月で、できればそんなボーナス月が必要にならないように、しっかりと11月までで、目標を達成するくらいのつもりじゃないといけないのでは、と思います。

ところで、今夜のGはぱっとしなかった。久しぶりに東京ドームに行きましたが、阪神の投手・能見にまでホームラン打たれてしまった中継ぎ陣、どうなっているの?!

4月のスタートダッシュだけ見ていたら、「もう今シーズンは決まったね!」くらいの感じがあったけど、一年終わってみないと結果はわからないだろうな。

どちらにしろ、明日から後半戦のつもりで出社します。

ブレイクさん、大ブレイク?!

当社のCMでご活躍いただいてきた「パワポ部長」ことブレイク・クロフォードさんが、リプトンのCMにも登場していることを知りました。ブレイクさん、大活躍!大ブレイクも間近?!


YouTube: リプトン イエローラベル TVCM レンジで簡単♪ロイヤルミルクチン!


オデッセイコミュニケーションズのCM

日本でいちばんかわいいお礼のはがき

岩手の阿部昭三郎さんが始めた、「アフリカ動物カレンダー」を被災地の子供たちに贈るプロジェクトに、オデッセイコミュニケーションズも参加しています。(→HP )そのカレンダーを受け取った宮城県宮古の小学生から届いた、日本でいちばんかわいいお礼のはがきです。ありがとう!

Img_1072

ヴァンフォーレ甲府の皆様へ感謝!

昨日、ヴァンフォーレ甲府とザスパ草津の試合のゲームスポンサーをいたしました。用事があったので、試合は前半だけ拝見して東京に帰りましたが、ヴァンフォーレのマスコット、甲斐犬のヴァン君とフォーレちゃんにも熱い歓迎をもらい、楽しい時間を過ごすことができました。ヴァンフォーレの地元スポンサーの多さは立派。海野会長を始めとする、関係各位の努力に敬意を表します。

人口19万の甲府市で、Jのチームを維持していくことは決して楽ではないと思いますが、J1への復帰も含めて、ますますの健闘と発展をお祈りしています。


Imgp0083
ヴァン君とフォーレちゃんのミニチュア人形。


Imgp0089
今日の試合では、小社のロゴ入りTシャツを来てくれたヴァン君たち。


Imgp0078_2
試合前、ピッチ上で記念撮影。


Imgp0080_4
たくさんのボードスポンサー。ヴァンフォーレ関係各位の営業努力のたまもの。

メキシコでもMOSが広がっているという話。

毎年この時期に行ってきたMOSの主要国代表者たちとのミーティング。昨日シアトル郊外の町、ベルビューで集まりがありました。試験数だけに限って言えば、アメリカ、韓国、日本がここ数年ずっと上位だったのだけど、メキシコでもMOSが広がっているという話を聞きました。公的資金による受験料補助が受けられるということが大きなプラスになっているとか。写真は、メキシコから来た代表とアメリカの代表、それと僕の3人。昨晩の夕食の席で。
Img_0191

「大橋未歩のシューカツ魂!」(テレビ東京)

テレビ東京の看板女子アナ、大橋未歩さんがナビゲーターをつとめる就活応援情報番組、「大橋未歩のシューカツ魂!」。昨年暮れから今年春にかけて放送されましたが、今週日曜日12月4日から新たにスタートします。

前回に引き続き、オデッセイコミュニケーションズでは番組提供スポンサーに加わることになりました。12月4日の番組では、当社のテレビCMが2回流れることになっています。そのうち一回は、女優・藤井美菜さんが登場する「英語力よりもPC力」がテーマのCMです。藤井さんのCMがテレビで流れるのは、7月以来初めてのことですので、ファンの方々はぜひごらんください。

「大橋未歩のシューカツ魂!」

長商デパート(長野商業高校)後、ぶどう農園訪問。

Dscn1501_2

MOSを採用いただいている長野商業高校であった「長商デパート」訪問。写真は生徒のみなさんが作ってくれたそばを食しているお客さんたち。(→長野商業高校HP)毎日新聞でも紹介されています。(→長商デパート

その後、山ノ内町のぶどう農園訪問。
Dscn1538

ぶどう農園のそばにはリンゴの木も。

Dscn1517

クウ太郎と長野の女の子。

Dscn1542

社員有志一同、楽しい一日でした。

ブリュッセル訪問

ここ4、5年、オデッセイコミュニケーションズでは「タンタンの冒険」の主人公・タンタンと相棒のスノーウィーを、コーポレートキャラクターとして使ってきました。この12月にはスピルバーグによる映画「タンタンの冒険」が日本でも封切りになります。それに合わせて、オデッセイマガジン特別号(「タンタン特集」)を出す予定になっています。タンタンだけでなく、新しいことにチャレンジする日本人の若者、そして「シニア世代」の冒険家など、多くの方にご登場いただくことになっています。愛犬家コーナーには、僕とうちの犬たちも登場予定です!
先週は、タンタンのふるさと、原作者のエルジェがタンタンを生み出したベルギーのブリュッセルを取材のため3日間訪問しました。10数年ぶりのブリュッセルでした。
オデッセイマガジン特別号では雑誌「ソトコト」を発行する株式会社木楽舎にお世話になっています。12月の発行、お楽しみに。
Dscn1244
(写真は「Blue Lotus」の一場面から、つぼに隠れていたタンタンとスノーウィー。パリのおもちゃやさんで買ってきました。)

オデッセイコミュニケーションズ、新CMのご紹介

本日、オデッセイコミュニケーションズの新しいテレビCMを公開いたしました。
明日午前8時の「ウェークアップぷらす」(読売テレビ、日本テレビ系列で全国ネット)からテレビデビューします。

これまでひとつのパターンのCMだけでしたが、昨年度とほぼ同じ予算で(!)、二つの異なるパターンのCMを作りました。7月中は、「オフィスの男子たち」編を流し、8月に「必要なのは?」編を流します。お楽しみに!

オデッセイコミュニケーションズ、テレビCM

写楽展、新しいテレビCMの撮影、パルヴァースさんの講演。

昨日は上野の国立博物館であった写楽展の最終日。朝一番に上野へ。西洋美術館では、「レンブラント・光と陰」も最終日。こちらは時間がなくてパス。

Img_0119

今日は、お昼から、川崎市宮前平のスタジオで新しいテレビCMの撮影。今年は、昨年とほぼ同じ予算で、全く異なる指向のテレビCMを2シリーズ作ります。先週土曜日は当世オフィス事情編、今日は外人モデルを使った会話編。新しいCMは7月から公開予定です。乞うご期待。

夕方に都内に帰ってきて、有楽町にあるThe Foreign Correspondent Club of Japan であったRoger Pulversさん(東工大の世界文明センター所長)の新著「The Dream Of Lafcadio Hearn」についての講演。彼とはもう10年くらいのおつきあいかな。放浪者としてのラフカディオ・ハーンにとても関心があります。かれは、rootless cosmopolitan の一人だった。あ、それから90人ほどの参加者のなかに、旅行番組で有名だった兼高かおるさんも!もう80歳をこえていらっしゃるのに、すばらしいスタイル、姿勢、そしておしゃれに感動。

帰るとき、廊下に飾ってあった最近のスピーカーたちの写真の中に、映画「ノルウェーの森」にでていた女優、菊池凛子と水島希子を発見!ふたりのファンとしては超ハッピー。忙しい一日でしたが、素敵な出会いがあり大感謝。


Img_0121

コン検の現状紹介@大阪

 小社オデッセイコミュニケーションズも参加しているコンタクトセンター教育検定協会では、大阪であったコンタクトセンター業界のカンファランスで、新たに始めるコン検の資格試験の紹介を行いました。多数の方々にお越し頂き、ありがとうございました。小社の試験会場になっていただいているエースタッフの方ともお目にかかることができました(エースタッフの皆さんもお元気そうでよかったです!)。
 
 今夜は京都でお取引先の方とお食事をして京都に一泊。明日の朝東京に帰ります。東京に帰ったらすぐ、新しいテレビCMの収録現場に直行。7月からオンエアーになるCMを今から撮るということで短時間の作業になりますが、いい「作品」になりますように期待しています。明日は明日でお昼頃から始まって撮影終了は夜11時前後になるようなので、長時間の立ち会いとなりそうです。

国立訪問。

 昨年から、母校・一橋大学の学生向けに、「オデッセイコミュニケーションズ奨学金」を始めています。5名の学生に、月額5万円の奨学金を支給しています。大学側で一次選考した10名の候補者から5名の学生を選びました。副学長の落合先生の横で、すべての候補者の学生たちとお話する機会をいただきました。関係各位、および学生の皆さん、ありがとうございました。

 今日はとてもいい天気で、国立駅から大学までの通りを気持ちよく歩くことができました。
国立市民の公園のような雰囲気もある大学のキャンパスです。写真の通りのどかな春の日でした。大学入試の発表のとき、初めてこの国立キャンパスを訪れたのが、1979年春ですから、それから32年も経ってしまっています。

 最初の2枚は学内の風景。3枚目の写真は、大学通りでみたイチョウの木。4枚目の写真は、国立駅前の喫茶店。国立は「中央線の原宿」みたいなところで、素敵な喫茶店が多くあります。


Imgp0215

Imgp0213

Imgp0217

Imgp0218

「あなたのがんばり、被災地へとどけ」

社員の人たちの提案で、東日本大震災の被害者の皆さんのために、「あなたのがんばり、被災地へとどけ」という受験キャンペーンを始めます。微力ですが、このあとにも、われわれができることを企画し、実行していきたいと思います。

「あなたのがんばり、被災地へとどけ」

東北エリア、北関東の会場の皆さん、ありがとうございます。

 小社の試験会場として、MOSをはじめとする資格試験を実施いただいている会場は、全国に1700程度あります。もちろん、東北、北関東エリアでも多数のパソコンスクールや教育、職業訓練の団体が試験を実施されています。
 
 今回の東日本大震災の影響を受けた会場も多々ありますが、先日より元気なお便りを多数いただいています。また昨日は、東北エリアでパソコンスクールを展開されている会社の方から、行方不明になっていた社員のご家族の方が見つかり、すべての関係者の生存が確認できたというお電話をいただきました。

 地震発生以来、たいへんな毎日を送られている皆さんからのお便り、ご連絡に、厚く感謝申し上げます。

 まったくレベルは違いますが、わが家、わが家のあるエリアも被災者のお仲間です。毎日不便な思いをしていますが、東北や北関東の多くの皆さんとは較べものにならないほど、ありがたい状況かと思っています。すくなくとも半年、長ければ一年くらいは不便な状況が続くと覚悟していますが、カイ、クウ太郎たちといっしょに、明るく、たくましくビジネスに励んでいきたいです。

「大橋未歩のシュウカツ魂」

テレビ東京の「大橋未歩のシュウカツ魂」で小社のテレビCMが流れています。テレ東の人気アナウンサー、大橋未歩さんが就活中の大学生を応援する番組です。放送時間は深夜なので、僕は録画したものを拝見しています。

「大橋未歩のシュウカツ魂」(HP)、「大橋未歩のシュウカツ魂」ツイッター

海外の活用事例(MOS試験)

当社の事業関連情報です。

MOS(Microsoft Office Specialist)の海外での活用事例をアップデートしています。シンガポール、アメリカ、韓国、イギリスなどの例をあげていますので、ご覧いただけると幸いです。

We updated the pages on the case studies of MOS customers in such countries as the US, Singapore, Korea and England.

海外の活用事例(MOS試験)

全国38紙に年賀の広告を出しました。

お正月の新聞広告、見てくれた?!

Pdf201101_2

クリスマスパーティとアイデアエクスチェンジ

 午後、久しぶりに「アイデアエクスチェンジ」の収録。登場いただいたのは、僕の大学の同級生で、人材紹介ビジネスの会社を経営している佐藤文男君。彼の熱い思いと若い人たちへのメッセージをお聞きすることができました。今月中には配信を始めますので、お楽しみに。
 夜は会社のクリスマスパーティ。うちの会社はそれほど社内イベントを行うわけではないので、クリスマスパーティは大切なイベントです。今年で3度目になる銀座の某レストランで実施。たくさんのお客さんにもお越しいただきました。ご出席ありがとうございます。そして社員の皆さん、ご苦労さまでした。

「実務経験がなくても大きな武器となる、IT&PC関連資格BEST10」

「ケイコとマナブ.net」というリクルートのサイトでMOS試験が以下のように一位で紹介されています。一位にあげてくださった、All About の資格ガイドの方、ありがとうございます。→「実務経験がなくても大きな武器となる、IT&PC関連資格BEST10」

以下、MOS試験に関していただいたコメントを引用させていただきます。

「あらゆる業界への転職の武器となる『MOS(マイクロソフト オフィススペシャリスト)』」

「興味はあるけど、未経験の自分には無理!」と、つい敬遠してしまいがちなIT&PC業界。「けれども資格があればスキルの証明になるので、実務経験がなくても転職のチャンスは十分あります。一番のオススメは『MOS』。汎用性の高いスキルが身につくため、IT&PC業界に限らずあらゆる業界への転職に活かすことができます。マイクロソフトのアプリケーションソフトに関する資格なので、未経験者でも挑戦しやすいのも魅力ですね」。

2011年に取得したい資格のナンバー1にMOS試験。

小社の宣伝になりますが、「資格と仕事.net」の【2011年に取得チャレンジをしてみたい注目の資格ランキング】でMOS試験が1位にランクインしました。

資格と仕事HP

早稲田大学生協でMOSのご紹介。

当社の営業のお話です。

今月10日(金)、早稲田大学生協本部会議室にて、MOS試験のご紹介をさせていただきます。特別プレゼントがあるかも(!?)しれないので、早稲田大学の皆さん、ぜひご参加ください。

早大生のための就活・キャリアサポート

VBAエキスパート試験のHPをリニューアルしました。

会社の宣伝ですが、VBAエキスパート試験のHPをリニューアルしました。→VBAエキスパートHP

大学生協でもMOS試験の受付が始まっています。

 就職活動を控えた大学生だけでなく、入学後すぐにMOS受験に興味を持つ大学生が増えています。ワードやエクセルの基本操作は、早くから習得しておくと、きっと役に立つと思います。

 首都圏の大学を中心としてですが、大学生協で、MOS試験の受験受付を行っていただています。大学生の皆さん、あなたの大学生協でも申し込みができないかどうか、チェックしてみてください。

 大学生協のキャリア・就活支援サイトでもMOS試験をご紹介いただいています。→withnavi

ウェークアップぷらす

 今月から小社では、読売テレビ制作の「ウェークアップぷらす」でCMを流しています。先週の番組は見損ねましたが今週は見ていますよ。(テレビをみながら、このブログを書いている)

 で、この番組のHPをチェックしてみると、なんと知り合いのアレクサンドラ・ハーニーがコメンテーターのひとりにはいっている!彼女は以前、フィナンシャルタイムス東京支局のライターのひとりで、最後に会ったのは彼女がロンドンに転勤になった後、ロンドンでのような記憶。現在は香港ベースで中国関連の本を書いているはず。(ウィキにも彼女の紹介ページあり。→こちら
 
 それにTBSのサンデーモーニングで張本に追い出された江川紹子さんが、ウェークアップぷらすのコメンテーターに加わっていますね。TBSのサンデーモーニングも、大沢親分が亡くなられたので張本との人気コーナーはどうなるのか。

ウェークアップぷらす

コールセンターで働く方たちへ新しい資格試験

以前ご紹介しましたが、コールセンター業界で働く方たち向けに新しい資格試験がスタートします。小社は試験の実施運営を担当いたします。

年内は11月14日に札幌、東京、大阪、福岡の4都市で限定的に紙と鉛筆の試験でスタートし、来年からはコンピューターでの実施に移っていきます。

詳細情報はこちらのサイトをご覧ください。→コン検

岡山からのプレゼント

小社は東京丸の内にしかオフィスを持たない(新宿と横浜の試験センターを除く)のですが、お取引先は全都道府県に広がっています。おかげさまで東京以外の方々とお会いすることも多いです。今日は、岡山のお取引先の方からプレゼントをいただきました。完熟トマトゼリー。2010年モンドセレクション金賞受賞。
Img_0068_2

ホームページを変更しました。

 2日ほど、ブログ休暇をとっていました。この間、会社のことでご報告事項がひとつ、ふたつ。
会社のHPのリニューアル第一弾が昨日終わりました。トップページを大幅に変更しました。「iPad on Business」著者の大木さんからはおほめの「つぶやき」(「 オデッセイコミュニケーションズさんのサイトがリニューアルされて、すごく良くなった。うちも次は真似ようかな」)をいただきました。大木さん、ありがとうございます。
 それから明日の日経新聞に「スーパーな第二新卒募集」の広告を出します。タンタン(小社のコーポレートキャラクター!)を使った全5段の広告なので結構目立つと思います。優秀な方からのご応募をお待ちしています。

オデッセイコミュニケーションズ

インターンの二人、ありがとう。

先日、女子大生2名がインターンシップで当社に来てくれていることを書きましたが、二人とは、金曜日でさようなら。2週間なんてたつのは早いものだ。
最後の日に、こんなものを作りましたと、パンフレットを見せてくれました。

Img_0063_3
(この写真は表)

ふたりが最後に残していったブログはこちら→みくみくとリンダ

かわいいパンフレットをありがとうございました。また来て下さい!

当世学生気質

 先週から二人の女子大学生が当社にインターンシップで来ています。今日は社内でそのふたりと、彼女たちの面倒を見てくれている社員のMさんの3人を相手に、出前のサンドウィッチおよびチーズバーガー(これは僕。飲み物は、ルート・ビアーというアメリカの炭酸飲料というのが、僕のお気に入り昼食パターン)の昼食。
 当世学生気質を「お勉強」させてもらいました。
毎月いくらくらいで生活するのか、ケーターにはいくら使っているのか、アパート代、どんなところで服を買うのか等々、最近の大学生の基本的な情報収集。
うちの社員がやっているブログに飛び入り参加しているみたいなので、ちょっと見てみると、絵文字の多いこと!クロマニヨン人並み。
 一人の子は首都圏の大学(偶然だけど、彼女の所属している学部の学部長は、某大手商社から転職されている、20年くらい前からの知り合い)、もう一人の子は、五島列島出身の長崎の大学生。五島列島はいつか行ってみたいところのひとつ。隠れキリシタンの歴史、教会建築。

 どちらにしろ、一時間ほどの昼食ではまだまだ足りない、当世学生気質のお勉強でした。
「すべての人々にITを」ブログ

大阪でお会いした皆さん、ありがとうございました。

Imgp0107_4

今日は大阪でお取引先のみなさんとの勉強会兼懇親会である、オデッセイユニバーシティに出席するために大阪に。大阪駅前のホテルで半日がかりで行いました。ご出席いただいた皆さん、ありがとうございました。
大阪は思ったほど暑くなく、また会場が大阪駅前徒歩3分ということもあり、楽でした。
最後にこのごろ思っていることをお話させていただきましたが、人間は「動き続けること、学び続けること」を義務づけられた動物なのではないかと思っています。常に体を動かし、移動し続けること。そして学び続けることで頭を運動させること。新しい出会いや見知らぬ土地への旅行もそういう意味で重要。

今週から大学生が二人。

 小社も毎年、定期的に各大学から数名の大学生インターンシップを受け入れています。今週は、首都圏の大学からひとり、九州の大学からひとり、2名の女子学生がインターンシップを開始、来週末まで仕事見習い。
 さっそく、ひとりの学生が、以下のようなブログを書いていました。
「社会で働くことは大変なのだーッッ!! 」

 そう、大学生はらくちんなんだから、勉強くらい、しっかりやってよね。しっかり勉強するのが大学生の仕事で、バイトやサークル活動はおまけだから。

世界学生大会エクセル2007チャンピョン、読売新聞記事に。

昨日の読売新聞朝刊で、先日、アメリカのユタ州であった「マイクロソフトオフィス世界学生大会」のエクセル2007部門でチャンピョンになった佐志原 美潮さん(早稲田大学理工学部1年)紹介の記事がありました。
読売新聞記事紹介
佐志原さん、あらためて、おめでとうございます。

マイクロソフト世界学生大会2010。

 マイクロソフト世界学生大会に今年は5名の学生たちを連れてきました。結果ですが、早稲田大学理工学部1年の佐志原美潮さんが、エクセル2007部門で世界チャンピョンに!おめでとうございます。
 でも他の4名の学生たちも頑張ったよね。今回のようなさまざまな国から同年代の人達が集まるイベントで、「がちんこ勝負」を重ねて欲しいです。そして小さな成功や失敗を重ねながら、すこしずつ自分を鍛えていき、自分自身を作っていってください。
 写真は今回来ているユタ州パークシティの市内で見つけたスキーヤーの銅像。ユタでも有名なスキーリゾートのひとつで、町の中心部は一本の坂道の両側にお店が並んでいる小さな町です。
昨日同じユタ州で、日本人観光客が乗ったバスが事故に遭い、数名の方が死傷したようですが、われわれは無事ですので、関係各位はご安心ください。

Pic_0110_2

「タンタンの冒険」がテレビ放映されています。

小社がキャラクターとしてずっと使っている「タンタンの冒険」。来年はスティーブン・スピルバーグのプロデュースで映画化されるので、日本でもこれまで以上に知名度が上がると思うのですが、先月からCartoon Networkで放映されていることを知りました。今週末、僕も家で見てみようと思っています。

→「タンタンの冒険」番組紹介

福井新聞記事から。

小学5年生で、MOS試験のワード2003スペシャリストに合格した福井県越前町朝日小5年の藤沢圭弥君の記事が紹介されています。おめでとうございます!

福井新聞記事

スキルアップ講座@OTC

100714_001_2
小社のロビーで毎月「スキルアップ講座」を行っています。今月の講座は本日行われ、仕事帰りの44名の方にお集りいただきました。
詳細情報はこちらまで。

http://otc.odyssey-com.co.jp/news/otc_su.html
また、オデッセイテスティングセンターのツイッターのフォローをお願いします。http://twitter.com/OdysseyCenter

小社の新しいテレビCM。テーマは「必要な力」!

本日7月3日から小社の新しいテレビCMが流れます。「報道特集」(TBS系列、土曜日午後5時半から)で初めて流れます。
前回の「就職面接」編でもご登場いただいた藤井美菜さんに引き続き出ていただきました。内容は見てのお楽しみ!
と言っても、昨日より、小社のHPで新しいCMも公開しています。
パソコン力は、どんな仕事をするにしても、必須のスキル。英語力のメリットを否定するわけではないのですが、本当に必要なスキルはなにか、どの部署の人にはどんなスキルが必要なのか。パソコン力ほど、現代のオフィス環境で、普遍的に必要とされるスキルや知識はないのではないかと、われわれは考えています。
どちらにしろ、皆さんに、「現実はそうだよね」と、思っていただければうれしいです。
テレビCM

モス子とMOS美

小社の社員ふたりが続けているブログです。
どうも食べることが好きな人たちのようで、仕事の話と同時に食べ物関連の話が多いようです。
今年のマイクロソフト世界学生大会には、5名の学生を連れて行くのですが、その中の何人かが、地元メディアで取り上げられていることを、まとめてくれています。ご参考までに。
モス子とMOS美

国際教養大学でのIC3

すべての授業を英語で行い、海外の大学とも積極的に交流をすすめている大学として評価が高まりつつある秋田の国際教養大学。ボクは、毎年冬に、須賀さんの授業にコメンテーターとして参加するために訪問しています。

国際教養大学では、英語版のIC3に取り組んでいただいています。IC3の公式サイトに、情報教育担当のウェイ先生にでていただきました。

IC3公式サイト

名古屋訪問

お取引先の皆さんとの会合のために名古屋訪問。(オデッセイユニバーシティ@名古屋にご参加いただいた皆さん、ありがとうございました)今日は、名古屋に向かうにつれ、空が青くなっていたような気がしました。
名古屋の派遣会社の方の話では、すこしずつ求人が増えつつある、とか。ただ、企業の要求レベルの2、3割高めの人材を提供していかないと仕事にならないということなので、おちおちしていては仕事を見つけることは簡単ではなさそうです。
写真は、奈良の遷都くん。結構気に入っているチャラクターです。名古屋駅構内で発見。

Img_0116_2

Img_0117_2

メガバンクの株主総会、国立訪問

 午前中、みずほフィナンシャルグループの株主総会が、当社オフィス前の東京国際フォーラムであったので、ちょっと顔を出してみました。2階席まで出席者。さすがメガバンクと言いたいところですが、中身は多くの株主総会同様、おもしろくありませんでした。日本の大企業の経営者はもっと堂々とすればいいのにといつも思います。国会の質疑応答みたいな、模範解答の繰り返しばかりで、自分の言葉で語る役員はほぼ皆無。形式主義の日本なのでしょうがないのかもしれませんが、まるくおさめて早くこの時間を終わらせたいという意思が露骨にでているのが、株主総会。
まあ、株主の中にも、「ちょっとおじいちゃん、それは質問なの、それとも単なる愚痴?」という方が結構いるので、議長の社長もじっと我慢しながら対応。
この前、「ディベートは勝ち負け、ダイアローグは自分が変わる可能性を楽しむこと」みたいなことを書きました。株主総会の質疑応答は、ディベートとも言えないし、ダイアローグとも言えない。一体、なんと言えばいいのか?時間をかける価値のある応答を期待したいです。
 午後は、母校の一橋大学の国立キャンパスを訪問。マーケティング担当の社員といっしょだったのですが、主目的は今回新たに作った「オデッセイコミュニケーションズ奨学金」の授与式のため。杉山学長、盛副学長、金田副学長同席のもと、奨学金の対象となった4名の学生さんたちとお会いしました(一名は病気欠席)。詳細については別途ご報告します。
 国立訪問は何年かぶりですが、国立ICからキャンパスに直行、直帰。残念ながら、国立駅の周辺には一歩も進まず。でも大学通は相変わらずきれいな町並み。国立南口は素敵な街です。

マイクロソフトオフィス学生大会の日本代表表彰式

今日は午後から世界学生大会の日本代表と入賞者の表彰式を、小社からすぐのところにある東京国際フォーラムで行いました。日本代表はこれまでワード、エクセルの代表として2名を大会に派遣していたのですが、今年はちょっと張り切って5名アメリカに送ることにしました。(代表に関しては、こちらをご覧ください。→世界学生大会
代表の学生たちはもちろんのこと、入賞した学生とご父兄、学校関係者
の皆さんにもお集まりいただきました。全国各地からご出席いただきました皆さんに心より感謝申し上げます。

MOSのホームページを変更いたしました。

本日、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)のホームページを変更いたしました。ちょっとレトロな写真も出てきます、ご覧いただけますでしょうか?

MOS試験公式サイト

日本コンタクトセンター教育検定協会

今日は日本コンタクトセンター教育検定協会の設立発表会が東京・三宅坂の三宅坂ホールでありました。本協会には小社も設立企業の一社として参加していて、僕も理事の一人です。

コールセンター(コンタクトセンター)業界には100万人前後の人たちが働いているということです。この業界で働く人たち、この業界に就職していく人たちのキャリアパスにプラスになるような、教育、研修、資格制度を作っていこうというのが本協会の目的です。今後の活動にご注目いただけると幸いです。

日本コンタクトセンター教育検定協会

ライフネット生命の岩瀬さんに出ていただきました。

小社のウェブ上で続けているリレーエッセイ「あなたにとって仕事・働くこと」とは?

今回はライフネット生命副社長の岩瀬大輔さんにご登場いただきました。彼は4年前、ハーバードビジネススクールを卒業され(僕が卒業したのは1987年。20年もあと!)、若手ビジネスマンとして非常に期待されている人です。仕事や職場に対する考え方も、彼らしいしっかりしたものをお持ちだなと、あらためて感心しました。

岩瀬大輔さん@オデッセイコミュニケーションズ

明日の日経新聞朝刊をご覧ください。

明日5月12日は小社にとっては「メディアデー」。
日経新聞朝刊には全面広告を出します。スノーウィーを抱えて走るタンタンの絵柄を使った広告なので、きっと目にとまるはず。企業の皆さん向けの広告です。
そして夜は、日本テレビの「笑ってコラえて」という、所ジョージさんが司会役の番組で、小社が運営しているIC3というIT資格を取り上げていただくことになっています。小社の資格を取り上げていただくのは、昨年のMOSに次いで2回ということで、たいへん感謝しています。

IC3がテレビで取り上げられます。

小社で運営している資格試験のひとつ、IC3(アイシースリーと呼びます)がテレビで取り上げられることになっています。来週水曜日の夜、日本テレビ系列の「笑ってコラえて」という番組をご覧ください。以下、皆さんにお送りしている情報から抜粋。

「所ジョージさんが司会の人気番組『笑ってコラえて』の”日本列島検定試験の旅"

IC3が紹介されます。 

所さんが偶然選んだ検定試験で、1番だった人を探し出すコーナー。

はたしてIC3試験で1番だった人ってどんな人?! 

放送日:512() 夜7:568:54(日本テレヒ゛系列)

新しいスキルチェック (AOTENより)

小社が運営しているAOTENサイトに、皆さんのPCリテラシーを試していただく、スキルチェックのコーナーがあります。今月から新しいコースが追加されています。ぜひお試しください。

AOTENスキルチェック

子育てママの、早起き勉強合格体験談

小社の資格試験の合格者のご案内です。

朝4時起きて、子育ての合間に勉強されて満点合格された早起きママの体験談を、小社HPにてご紹介しています。

合格者の声

MOS世界学生大会、エントリー締め切り間近

2010_2  

昨年トロントであった世界学生大会で、慶応大学法学部の中村さんがワード部門で入賞。彼女は日本テレビの「笑ってこらえて!」という番組でも全国的に紹介され、僕らにとってはまったく予期しなかった、昨年のうれしい出来事になったのですが、今年も、その世界学生大会が8月に開かれます。

 エントリーは簡単。学生であれば誰でもエントリーできます。詳細情報はこちらのサイトから。→世界学生大会2010

東方神起PVにも藤井美菜さん?

東方神起の「どうして君を好きになってしまったんだろう」のPVにでているのは、現在、小社のテレビCMにでていただいている藤井美菜さんでしょうと、知り合いの方からご連絡をいただきました。
藤井さんのブログには、東方神起のこのPVに主演していることが紹介されていないのですが、どうなんでしょうか?
PVを見ていると、藤井さんだと思うのですが。


森友嵐士『抱きしめていたい』

YouTube: 森友嵐士『抱きしめていたい』


知り合いの方から教えてもらって、小山薫堂さんが、友人のミュージシャンのために、サプライズのPVを作った様子のドキュメンタリーを見ました。小山さんとは、小社がラジオ番組のスポンサーをやっていたときからのおつきあいで、「オデッセイマガジン」の巻頭インタビューにもご登場いただいたことがあります。

このYouTubeのチャンネルをやっているトイズファクトリーには、現在流れている小社のテレビCMで使われている歌を歌っているSRSも所属しています。久しぶりにSRSのワンダーソングのPVも見ました。(藤井美菜さん、やっぱりかわいいですね)


自社制作コンテンツのご紹介

小社でもささやかながら、いろいろな方々にご協力いただきながら、自社でさまざまなコンテンツを作っています。多くはHPで発表しています。たとえばHPの「活き活き情報」のコーナー、最新ページをご覧ください。
オデッセイコミュニケーションズ「活き活き情報」

MOSの累計受験者数が250万人を突破しました。

2月末でMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の累計受験者数が250万人を突破しました。受験者の皆さん、お取引いただいている学校やパソコンスクールの皆さん、ご評価いただく企業関係者の皆さんのご期待を裏切らないように、これからも努力していきます。よろしくお願いいたします。
プレスリリース

インプレスからもMCASの対策教材

インプレスさんからもMCAS(ワード、エクセル)の対策教材が出版されました。

MCAS対策教材リスト

アビスパ福岡のサポーターの皆様へ

 昨日福岡で発表がありました通り、新しいシーズンにおいてもアビスパのユニフォームスポンサーを継続いたします。一年限りのスポンサーでは福岡の皆さんに対して失礼になるかと思ったこと、少なくとも2年はスポンサーを続けないと小社の名前も福岡の皆さんに覚えていただけないだろうということで、今年も継続いたします。
 2009年中の結果に関しては、小社社員ともどもとても残念に思っています。ただ、僕が福岡を訪れたときの3試合中、2試合は仙台に勝ち、湘南との試合ももうすこしという内容でした。仙台戦のような試合内容を継続できなかったことが課題でしょうか。

 一部サポーターの方のブログからのリンクのお陰で、当ブログにお越しになられるアビスパファンの方が昨日から増えています。小社の事業内容にもより一層のご理解とご協力をたまわることができれば幸いです。本年も何回か、レベスタを訪問することになると思います。皆様とお会いできることを楽しみにしています。

小社スポンサー契約継続の発表

 追伸

レイソルとの対決試合はちょっと複雑な気持ちになりそうですが、レイソル、アビスパのJ1同時復帰が僕にとってはナイスなシナリオです。

世界学生大会2010のポスター

C5aa80c1df06397fe8e40694b731ac79jpg

世界学生大会2010多数のご参加をお待ちしています。

全国高校サッカー選手権大会カタログに、タンタンを使った広告

Img_1322
これまで出しているタンタンの新聞広告はすべて白黒ですが、カラーになると一段と栄えます。
Img_1323

55人目、57人目の「仕事・働くこと」(オデッセイのリレーエッセイ)

57人目の「仕事・働くこと」は、ぐるなびの久保社長。→リレーエッセイ

55人目にご登場いただいた株式会社ジェイフィールの高橋克徳さんとの「アイデアエクスチェンジ」配信も始まっています。
「アイデアエクスチェンジ」高橋克徳さん編

Susan Boyle のデビューCD、そしてクリスマスパーティ

 今夜は会社のクリスマスパーティ。会場のレストランに行く途中スーザン・ボイル(Susan Boyle) のデビューCDを買って、会場のレストランでかけてもらいました。(→amazon、→SONY) I Dreamed A Dream, Cry Me A River だけでもいいので、聴いてみてください。
 社員の皆さん(50歳の誕生日のケーキ、ありがとうございました!)、取引先の皆さん、友人、知人の皆さん、今年もお世話になりました。
 それから、今日は朝日新聞朝刊に小社の一面広告がでていました。明日は毎日新聞朝刊に同じ広告がでますよ。

小社の新聞広告ご案内

昨日は以下の新聞に一面広告が出ました。
西日本新聞、河北新報、信濃毎日新聞。
明日は、朝日新聞に掲載される予定です。お楽しみに。
オデッセイコミュニケーションズ

年末にかけての小社のテレビCMと新聞広告

年末にかけて、小社のサービスを多くの方々に知っていただくため、集中的にテレビCMおよび新聞広告を行います。これまで御存じない方々にも是非見ていただきたいと希望しています。

CMオンエア情報

新聞広告については、別途ご報告します。

北海道、秋田県の皆さん、こんにちは!

R0010829

本日の北海道新聞、秋田魁新報朝刊に、一面広告を出しました。北海道、秋田県の皆さん、こんにちは!
この後、全国紙、その他地方紙にも同じ広告を出します。お楽しみに。
今回の新聞広告は、教職員の皆さん向けキャンペーンのご案内です。
詳細は、小社のサイトをご覧ください。
オデッセイコミュニケーションズ

VBAエキスパートの新コーナーです。

やってみよう! Excel / Access VBAで業務改善!

本日の日経新聞朝刊にオデッセイの広告が出ています。

R0010749_2

日本テレビの番組がMOSを取り上げてくれました。

今夜の日本テレビ「笑ってコラえて」の中で、MOSが紹介されました。今年8月にカナダ・トロントであった「マイクロソフトオフィス世界学生大会」のワード部門で日本代表としてがんばってくれた中村彩さん(慶応大学法学部2年生)が番組内で、スタジオのみなさんにワードの腕前を披露。関係者の皆さん、番組で取り上げていただき、ありがとうございました。

うれしい知らせ

以前うちの試験会場になっているパソコンスクールの方を、某ネット企業の人事部の方にご紹介しました。(→バックナンバー

本日、そのパソコンスクールで訓練を受けていた身障者の方の就職が決まったというお知らせをいただきました。うれしい知らせ!

今週末からオデッセイの新CMが全国で流れます。

サンデーモーニング」。張本さんと大沢監督の「喝!」、「あっぱれ!」のスポーツコーナーで人気が高い日曜日朝の報道番組ですが、小社のCMが今週末の放送から流れます。(とりあえず年末まで予定しています。)8時から9時54分までの放送中、どの時間に流れるか分からないので、全部見てください!
秋田、福井など一部の県では、TBS系列の局がないみたいですが、他の系列局の番組で流すことを予定しています。(秋田や福井の皆さんにもぜひ見ていただきたいですから)

オデッセイIT奨学生たちからのレポート

オデッセイIT奨学金でAFS留学をしている高校生たちからのレポートを公開しています。

オデッセイIT奨学金

福岡で「オデッセイコミュニケーションズ・デー」

 札幌から帰って一日あけて今日は福岡訪問。本日のアビスパ福岡のホームでの試合は、「オデッセイコミュニケーションズ・デー」ということでしたので、6月13日の仙台戦以来になりますが、福岡で試合を観戦。今日の相手も前回同様、仙台。試合は2−0で快勝。皆さんからは、ボクが見に来る仙台戦は2勝と続いているので、運を一緒に持ってきていると喜んでいただきました。(いつの間にか、仙台はJ2のトップを走っています)
 取引先のサーティポートでアジアでのマーケティングを担当している人が、マレーシアから見に来てくれました。彼はサッカーファンだということで、試合に関してもいろいろと感想を聞かせてくれましたが、「なぜ試合前に、国歌斉唱がないのか?」など、試合以外のところでもおもしろい質問をしてくれました。
写真は、会場でお配りした「オデッセイマガジン」の最新号。特集テーマは、「人生設計を考える」。映画「おくりびと」のシナリオを担当した小山薫堂さんに巻頭インタビューに出ていただきました。

R0010592

秋田県がマイクロソフトオフィススペシャリスト取得に補助

 今朝の秋田さきがけ新聞一面に出ている記事です。秋田県は、来春卒業予定の高校生の県内就職を促進するために、各種資格試験や普通自動車免許の取得費用を助成する支援事業を行うそうです。助成対象として、マイクロソフトオフィススペシャリストが記事の中で取り上げられています。

 この記事によると、来春の新規高校卒業者の県外求人倍率1.64倍に対し、県内求人倍率は0.44倍。県外就職者1697人に対し、県内就職者1073人との試算があるようです。このままだと、県外への人口流出に拍車がかかる可能性もあるか、と。

 以前、このブログで、福井県が育てた若者が大都市圏に流出していくことによる損害金額は、ひとりあたり1800万円、総額で数百億円になるという話をご紹介しました。(→過去の記事) きっと秋田においても同様のことが起こっているはずです。

 東京にいると、このような地方の状況に対してあまりにも鈍感になっています。僕はこの2年ほど、秋田国際教養大学を訪問させていただいたり、秋田在住の経済人たちとお付き合いさせていただく機会に恵まれ、ようやくことの深刻さが実感できるようになりました。

 今回、秋田県の就職支援プログラムの対象として、われわれの資格も含めていただいたことはたいへんうれしいのですが、それと同時に、秋田県内の就職状況がすこしでも改善することをお祈りしています。

小社テレビCM、見ました?!

 普段テレビをあまり見ないのですが、今日は午後9時前後に日本テレビで小社のテレビCMが流れると聞いていたので、8時半くらいからテレビの前で準備。8時57分頃かな、細田さんがでている男性編のCMがでているのを見て、一安心。藤井美菜さんがでる女性編もテレビでぜひ見てみたいです。

 何度も見ているCMですが、実際に番組やCMの流れの中で見る自社のCMを見ると、うれしいというか気恥ずかしいというか。今月一杯、福岡、首都圏、そして仙台エリアで、このCMが流されます。このCMをみるためにテレビをつけるのは、ボク始めうちの社員だけでしょうが、多くの方とこのCMの「出会い」があれば、うれしいです。

「ワンダフル・ワールド」

YouTube: ショートムービー『ワンダフル・ワールド』
僕はもう何十回と見た、小社制作のショートムービーです。今回、福岡のバンドSRSのプロモーションビデオとしても使われています。プロデューサーの五十嵐さん、監督の遠山さんが頑張ってくれました。また、主演の藤井美菜さんがかわいいです。遠山さんには、「アイデアエクスチェンジ」に出ていただくことになっています。

小社テレビCMのご案内

昨日、小社HPで、今月から福岡、首都圏で流すテレビCMについて発表をしています。HP上でも、このCMを見ることができますし、イメージソングとして採用した福岡のバンドSRSの新曲のために作ったプロモーションビデオも見ることができます。
ぜひご覧ください。

オデッセイコミュニケーションズ

MSオフィス世界学生大会:日本代表・木村さんが3位 中村さん8位

毎日新聞(毎日JP)に、先週末、トロントであった世界学生大会の報告記事がでています。
ぜひご一読ください。
→毎日JP
「MSオフィス世界学生大会:日本代表・木村さんが3位 中村さん8位」

小社HP

トロントからニューヨーク経由で帰国

Img_0770

現地時間の土曜日、トロントで終わったマイクロソフトオフィス世界大会、今年は中国本土、香港の学生たちが優勝しました。日本から参加してくれた中村さん、木村さん、お疲れさまでした。
ボクは今日日曜日朝、トロントからニューヨークに移動、明日月曜日のお昼の飛行機で帰国します。ニューヨークではユニオンスクエア周辺のホテルに一泊しますが、ホテルはほぼ満室だそうです。このホテルでは、4月くらいからビジネスは回復基調だとか。ニューヨークはそれなりの水準のビジネスを維持できているのでしょうか?街の様子を見ているだけでは、人々の財布の中身まではわかりませんが、こちらで会うビジネスマンたちと話をしていると、金融バブルの時代は過去のもので、これからは堅実な生活の時代というような話をしている人間が多いです。基本的に楽観的で消費中毒のアメリカ人たち、ちょっとでも回復してくるとまた元の木阿弥なるかどうか?

Microsoft MVP Award

小社がお仕事でお付き合いいただいている武藤玄さんが、マイクロソフトのHPで紹介されています。武藤さんには、小社で運営するVBA エキスパート試験の一科目であるAccess VBAのテキストを執筆いただいています。

Microsoft MVP Award

VBA エキスパート公式テキスト

試験会場の皆さん、こんな感じでポスター貼ってください!

Img_0658
 今日東京であった「オデッセイユニバーシティ」で、ご出席いただいたお取引先の皆さんには、小社からお送りしているポスターなどをもっとご活用ください、とお願いをしました。試験会場になっていただいているPCスクールを訪問して、小社で運営している資格試験のポスターをご活用いただいている様子を拝見すると、やっぱりうれしくなりますからね。

 で、上の写真は、先週お伺いした静岡のシステムプラザソフィアの教室風景。お話しているのは、代表の上田さん。写真に写っている4枚のポスターは全部小社関連。皆さん、こんな感じでポスターを貼ってくださいね。

MOS合格200万人目の記事

Photo_2
MOS合格200万人目への表彰状授与式の記事が、18日土曜日の静岡新聞にでていたということで、会場となったシステムプラザソフィアの上田さんから記事コピーが送られてきました。上田さん、ありがとうございます。

動き回った一日

Img_0656
 日付は土曜日になってしまいましたが、(今日)金曜日午前中は、次号のオデッセイマガジンの取材立ち会いで、将棋の森内俊之さん(羽生善治さんのライバル)のお話を拝聴(場所は、千駄ヶ谷の将棋会館)。これまでオデッセイマガジンの取材に立ち会うことはなかったのですが、インタビュー相手にとても興味があったので、今週は2度ほど、ごいっしょさせていただきました。森内さんのお話にも、パソコンとインターネットが登場し、ネットが将棋の世界にも大きな影響を与えていることをあらためて認識しました。たいへんおもしろいお話でした。
 午後は、静岡市の清水にあるPCスクール、システムプラザソフィアを訪問。マイクロソフトオフィススペシャリストの合格200万人目はこのパソコンスクールで誕生しました。200万人目の脇田さんは、ワードに合格されたそうで、小社からは特製の表彰状をお贈りしました。新しい就職先も決まっているということですが、新しい職場でのご活躍をお祈りしております。
 写真は、脇田さんに表彰状を差し上げているところと、システムプラザソフィア代表の上田さんとのツーショット。

Img_0674
Img_0680

テレビCM第2弾の撮影

Img_0653
 夕べは某県の某大学のキャンパスを借りて、小社のテレビCM第2弾の撮影がありました。社員のKさんとボクも、午後から立ち会ったのですが、撮影終了は午後10時過ぎ、家に着いたのは午前1時でした。来月半ばから、まず福岡、東京エリアでオンエアになります。男性版、女性版の二つを制作します。男性版には、劇的ビフォーアフターにでている細田よしひこさん、女性版には藤井美菜さんに出ていただきました。偶然ですが、ふたりとも慶応大学在籍中。お楽しみに。
 今朝の新聞で読んだ話ですが、サイモンラトルが指揮するブラームス交響曲全集が、特別DVD付きで6000円で発売される、とか。「不況もまたよし!」(→
EMI)
 写真は、今朝のカイの表情。階段の上のところに構えて、ボクが会社に行く準備をしているところを観察。

VBA エキスパート試験

 弊社で開発、運営しているIT資格に、VBAエキスパート試験があります。われわれの努力不足もあって、まだまだMOSほどの認知度はありませんが、MOSのエクセルやアクセスに合格した方たちに、上位資格、上位試験としてぜひ挑戦していただきたい試験です。

 ある調査結果をみていると、マイクロソフトオフィスのユーザーの中で、VBAを使っているという方たちが、かなりの数になっています。実は昨日、ちょうどVBエキスパートのことを社内のミーティングで話したばかりだったので、この調査結果をおもしろく読みました。
「OpenOffice.orgを業務で使っているのは19.2%,Microsoft Officeは半数以上が2003」(日経BP IT Pro)
VBAエキスパート

オデッセイコミュニケーションズのテレビCM第2弾

昨年秋から半年間、エド•はるみさんにでていただいた小社初のテレビCMを全国で流しました。そして、現在、第二弾を準備中です。
今回は、学生をターゲットにしたCMになります。先日、メインのタレントさんが決まり(若手の方です)、某若手バンドの曲を使って、近々、撮影をすることになっています。このバンドのプロモーションビデオとしても素材が使われることになっていて、ユニークなコラボレーションになるはずです。
CMはまず福岡エリアで、8月中に流し、様子を見ながら首都圏でも流していきたいと思っています。アビスパ福岡ファンだけでなく、できるだけ多くの福岡の皆さんにご覧いただければと期待しています。
詳細が決まり次第、黒犬通信でご報告いたします。

転身に効きそうな「パソコン・IT」の資格ランキング (『資格と仕事.net』調べ)

MOS (マイクロソフトオフィススペシャリスト)が、転身に効きそうな「パソコン・IT」の資格ランキングで一位になりました。(『資格と仕事.net』調べ)

皆様からのご支持に感謝申し上げます。
プレスリリースサイト

世界学生大会日本代表表彰式@マイコミジャーナル

先日行った日本代表表彰式ですが、いろいろなサイトでご紹介いただきました。関係各位には、心より感謝申し上げます。
そのなかからひとつ、マイコミジャーナルをここで紹介いたします。

マイコミジャーナル

兵庫県豊岡市とMOS

 ヤフー・ニュースで、兵庫県豊岡市が副市長を公募するという記事を見ました。副市長の月給は74万円で、期末手当は年間4.5カ月分だそうです。この市ではかなりの高給取りでしょう。→ヤフー記事

 豊岡市にあるパソコンスクールさんでも、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の案内をしてくださっています(ただし、受験は京都府の綾部市の会場)

パソコン教室わかるとできる豊岡北校

追記

YouTubeに豊岡市長の呼びかけが出ています。冒険家の植村さんの出身地であることを市長のメッセージで知りました。

座禅止観のページ_小社のお取引先が作ったお寺のHP

長年、試験会場として貢献いただいている、ベルビック稲毛さんが作ったという、お寺さんのHP。その中の、座禅止観のページを紹介されました。最近、僕も寝る前とか、朝、会社に出る前に、ちょっと座禅もどきのことをやっています。

座禅止観のページ

世界学生大会−トロントへの道

Img_0600

Img_0604

来月末、カナダのトロントで行われるマイクロソフトオフィス世界学生大会の日本代表2名の表彰式が、小社オフィスで行われました。エクセル代表は、東北電子専門学校の木村君、ワード代表は慶応大学の中村さん。表彰式のあとには、写真の通り、新聞、雑誌社の方たち向けの記者発表を行いました。木村君、中村さんおふたりには、練習問題を使いながら、それぞれお得意のエクセル、ワードの腕前を披露してもらいました。

ふたりとも、トロントで健闘を!

東北電子専門学校
慶応大学

企業の方々に、MOS体験受験をご案内中です

Img_0595_4

 6月1日の日経新聞の全面広告でもご案内しましたが、企業の人事、情報教育などを担当されている方々に、MOSを体験していただくためのキャンペーンを実施中です。
オデッセイコミュニケーションズHP

中学生がMOS合格

中学生のMOS合格者が、中日新聞(岐阜県版)で取り上げられているそうです。

中1のMOS合格者

世界大会出場者決定。

毎年夏行っているマイクロソフトオフィス世界大会ですが、今年の日本代表の学生が決まりました。エクセル部門は、東北電子専門学校の木村恭平君、ワード部門は、慶応大学の中村 彩 さん。

オデッセイHP

東北電子専門学校HP
慶応大学

残念ながら日本代表には選ばれませんでしたが、各学校部門で入賞された学生が在学中の学校HPでの紹介もあります。関係各位への感謝を申し上げます。

柳川高校

大原学園

日経新聞に全面広告を出しました。

Img_0552

久しぶり(一年半ぶり)に日経新聞に全面広告を出しました。4面のとてもいいスペースでした。日経新聞の関係者の皆さん、ありがとうございます。
企業内で人材採用、人材開発、情報企画などを担当されている方々に、MOSを知っていただくための無料体験受験キャンペーンのご案内です。
弊社HP

Img_0553_4

タンタンがちょっと警戒している感じのあるおじさんに話しかけている構図を使っています。
タンタンの相棒のスノーウィーは今回はお休みです。

Odyssey Magazine 最新号

Oz11_cover_2

 これまで主に女性読者を想定して出してきたOdyssey Magazine ですが、11号めにして初めて「男性版」を出してみました。都内の主要地下鉄では、10万部がMetropolitana(メトロポリターナ)の増刊号として配布されました。
 なぜ男性版か?小社の資格試験も、男性受験者が増加しており、F1層の女性以外のお客様にも情報提供させていただくニーズを感じておりました。
 都内配布分はほぼ即日でなくなってしまったようですが、デジタル版の入手は可能です。アイデアエクスチェンジにもでてもらった西野さんが社長をやっているFujisan.co.jpのサイトをご覧ください。(→f
ujisan.co.jp 内、Odyssey Magazine

福岡の皆さん、ありがとうございました。

R0010558

 昨日はアビスパ福岡で、小社のロゴが入ったユニフォームがお披露目されました。試合の方は残念ながら、J2トップにたつことになった湘南ベルマーレに完敗しましたが、まだまだシーズン途中ですので、ぜひ立て直しをはかり、来シーズンのJ1復帰を目指していただきたいと希望しています。 
 アビスパ福岡の株主、他のスポンサー企業の皆さんとの懇親会もあり、小社の資格についてもご紹介させていただくことができました。今後、アビスパ福岡とともに、福岡、さらには九州エリアにおいて、これまで以上に小社のサービスをご理解いただくように努力をしていきたいと思います。今日は、地元の新聞社、テレビ局をご訪問し、経営者の方々にご挨拶させていただきました。昨日から引き続き、地元企業の方々にも歓迎いただき、感謝申し上げます。
 写真は、チームマスコットのアビー君とビビーちゃん。
 

いろいろとメディアでも取り上げられています

弊社で運営している資格、特に代表的なワード、エクセルの資格が、しばしばメディアで取り上げていただいています。一覧にしたページがありますので、ご覧ください。→オデッセイHP

小社の看板初登場(4月12日、アビスパホーム試合)

Photo
 小社看板がレベル5スタジアムでデビュー。
一部サポーターの方々のブログを拝見していると、背中のロゴがどのようになるのか、気にかけていただいているようです。関心をお持ちいただき、感謝申し上げます。ご推測いただいている通り、アルファベットのロゴが背中に入ることになります。4月26日のホームゲームから登場します。odysseyのロゴについては、別の機会にご紹介、ご説明させていただきます。
 福岡に単身赴任している大学の先輩からも、テレビで看板を見たというご連絡をいただきました。これから福岡、さらに九州エリアの皆さんとのおつきあいが広がる予感がしています。
 

アビスパファンの皆様へ

小社のアビスパ福岡とのスポンサー契約に関して、ブログ等でご紹介いただきました皆様、ありがとうございます。4月26日の湘南ベルマーレとの試合でごあいさつ申しあげるために、福岡にお伺いします。当日は、小社のコーポレートキャラクター、タンタンを使ったプレゼントを抽選でお配りすることになっています。多数の方々とお目にかかれることを楽しみにしております。

アビスパのサポーターの皆様、よろしくお願いします!

 このたび、ご縁があってアビスパ福岡のスポンサーに加わることになりました。選手たちのユニフォームの背中には、オデッセイコミュニケーションズのロゴが入ります。MOS/MCASを始めとする、小社で運営している資格を、九州エリアの中心である福岡を起点に、より多くの皆さんに知っていただく努力をしていきます。
 長年柏レイソルを応援してきましたが、これからはレイソルだけでなく、アビスパも応援していきます。来年は、J1にアビスパが復帰し、レイソルと激突することを楽しみにしています。
 アビスパのサポーターの皆様、地元福岡の皆様、よろしくお願いいたします。

R0010507

今週月曜日、クラブハウスを訪問した際、アビスパ福岡の上野さんと日頃お世話になっている電通の皆さんといっしょに。

Img_0396
アビスパ福岡のホームであるレベル5スタジアム。

エド・はるみさん、ありがとうございました。

本日でエド•はるみさんとの契約が終わりました。昨年11月、首都圏のJR東日本の主要路線で、一週間、3万5千枚のエドさんのポスターを貼ったときには、本当に多くの方々に見ていただき、小社で行っている資格の認知度も一気に上がりました。また、この半年間、小社初めてのテレビCM(フジテレビの「新報道2001」)にご出演いただき、エドさんには心より感謝申し上げます。これからも変わらぬご活躍をお祈りしています。

53年間分の家計簿

 昨日(3月14日)の読売新聞・読者の欄(「気流」)に、「53年間分の家計簿、パソコンで再編集」という投書がありました。北九州市在住の78歳の方ですが、2年前からパソコン教室に通っていて、「覚えは遅いが、丁寧に教えてもらい、面白くなってきた。最近、表計算ソフトの使い方を習い、古い家計簿をパソコンで作り直すことにした。」
 結婚後毎日つけてきた家計簿は53年間分になり、「パソコンでは昨年分からさかのぼって1年ずつ作成」、「表計算ソフトを使うと、総額がすぐに表示され、大変便利だ」とお書きになられていました。
 シニアの間でも、こうやってパソコンに親しむという方が増えているように聞いています。小社で運営しているMOSも、81歳で合格された方がいらっしゃいます。北九州市の方にもご紹介したいものです。
81歳の合格者

「初めて使うQ&Aサイト」(日経パソコン特集記事)

日経パソコン(3月9日号)の特集記事(ページ66)で、Officeに特化したQ&Aサイトとして、弊社で運営しているmoug.net が紹介されています。

moug.net

オデッセイの「リレー☆エッセイ」_志賀先生の巻

オデッセイコミュニケーションズのHPで連載している「リレー☆エッセイ」。ときどきチェックしてください、多方面の方々の「仕事観」をお答えいただいています。第44回目には、ボクが個人的にも存じ上げている弁護士の志賀こず江先生にご登場いただいています。最初は日本航空のスチュワーデスで、それから司法試験にチャレンジ。検事を経て現在は弁護士として活躍されています。最近スリムになられて、いっそうおきれいになれらた志賀先生です。
「リレー☆エッセイ」

丸の内インターネットラジオ「アイデアエクスチェンジ」

アイデアエクスチェンジですが、2009年も続けます。最新のゲストは、アマゾンジャパンの立ち上げに参加、その後富士山マガジンサービスを立ち上げた西野伸一郎さんです。西野さんの前は、福井でネットショップのHP制作(何百という!)を行っていらっしゃる田嶋節和さんにお越しいただきました。去年福井に行ったときにお世話になったのが、田嶋さんです。
アイデアエクスチェンジ

「不況期に強い資格」(雑誌「プレジデント」2009・1・12号より)

雑誌「プレジデント」で、不況期に強い資格の記事がありました。その中で、「役立つうえに手ごろな穴場資格5」の中に、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)が含まれています。そのほか、リストに含まれていた資格は、初級シスアド、フォークリフト運転者、eco検定、天気検定。(経済ジャーナリスト、永井隆さん作成)

記事ページには、 「MOSは本命、穴場はフォークリスト運転者」という縦の見出しがついていました。本命なんて言っていただいて、光栄です!

日経パソコン特集「勝ち残るためのIT資格」

1月12日号の日経パソコンですが、特集記事の一つとして、資格特集を行っています。弊社で運営しているMOSやMCAS、IC3、VBAエキスパートなども紹介されています。

元旦の決勝戦が楽しみな天皇杯サッカー

Img_0037

Img_0036_2
 今年で3年目になりますが、オデッセイコミュニケーションズも天皇杯のスポンサー企業に加えていただいています。
今日、静岡と東京の国立で、準決勝があり、ボクが応援してきた柏レイソルが2−1でFC東京に勝ち、元旦の決勝に進むことになりました。決勝の対戦相手は、かつて柏の監督だった西野さんが率いるガンバ大阪です。ガンバには、同じく柏にいた明神も。
次の試合で柏監督の石崎さんは、柏を去ることになっています。元旦の決勝戦は、とても楽しみな一戦になりました。
写真は、天皇杯カタログ表紙と、オデッセイの広告ページです。

日経PCビギナーズの高山さんご登場

現在配信中の丸の内インターネットラジオ「アイデアエクスチェンジ」に、雑誌『日経PCビギナーズ』編集長の高山さんがご出演されています。この番組のなかでも取り上げられている、高山さんがアドバイザーとして参加し、富士通が開発した、シニア向けのPCのご紹介のため、先週は富士通の方といっしょにご来社されていました。写真はそのときの様子。右側が高山さん。

Dscf1500

JR広告、ご覧になりました?!

11月10日から16日までの一週間、JR東日本の主要路線の車内に、3万5千枚のポスターを掲示するという、弊社史上初めての(ちょっと大げさでした)のキャンペーンを行いました。福井でお世話になった田嶋さんも、東京出張の際に、電車のなかでみたエドはるみさんのポスターに、ビックリしたということでした。そのときに使った5種類のポスターは、オデッセイのホームページでご確認ください。11月中は、小田急線でも掲示していますよ。

旭川、札幌訪問

 お取引先訪問シリーズ、旭川、札幌編です。ご訪問させていただきました皆様、ありがとうございます。
 旭川には、昨日飛び、一泊した札幌から今日帰ってきました。朝羽田発7時半の飛行機に乗るため、4時半に起床。旭川には、9時半頃着いて、13時のスーパーカムイで札幌に移動しましたので、残念ながら、4時間弱の滞在でした。もちろん、旭山動物園を観る時間はなし。次回のチャンスにはぜひ行ってみます。北海道第二の都市、旭川は、人口が減りつつあるそうで、北海道においては札幌にさまざまな企業や機能が集中しつつあるとお聞きしました。JR旭川駅の軒先においてあった、木彫りのアイヌの人形たちがどことなく哀愁を漂わせていました。

Dscf1429_2
 昨晩は、札幌で東京の経営者仲間たちと、札幌のある有名な事業家のお話を拝聴。30年以上にわたり主に不動産投資において成功されている方ですが、基本に忠実で、ぶれることなく、自己を律していらっしゃることが成功の秘訣かと思いました。今日は4軒ほど、お取引先を訪問させていただきました。

週刊アスキー福岡さん登場@アイデアエクスチェンジ

週刊アスキーの編集責任者、福岡俊弘さんとの「アイデアエクスチェンジ」の配信が始まっています。アスキーに入社されるまで、パソコンが広まり始めた頃、元気いっぱいだった頃のアスキー社内の話、雑誌のこれからなど、そんなこと、お話しいただいていいの?!、というようなこともでてきます。お楽しみに。
アイデアエクスチェンジ「福岡俊弘さん編」
さらに、福岡さんには、リレーエッセイにも出ていただいております。こちらもご覧ください。
リレーエッセイ

VBAエキスパート試験のベータ募集。

弊社で運営しているVBAエキスパート試験のベータ募集を行っています。アクセスVBAにちょっと自信のある方からのご応募をお待ちしています。

詳細はこちら→VBAエキスパート

「脳トレ」の代わりに、MOSはどうですか?

 80歳で、MOSのワードに合格された方がいらっしゃいます。老化予防の脳トレのつもりで始められたそうですが、合格されて良かったというお話を、小社のHPでご紹介させていただきました。

 「現在の私は、仕事をしていないのでWordだけしか使いませんが、若い人たちにとって、この資格はとても有効だと思います。Word、Excel、PowerPoint、Accessなどのアプリケーションは、公務員・民間を問わず各企業で必須のツールだと思いますし、できるだけ学生のうちに取得することをお勧めします。」というお声を頂戴しました。→合格体験記

中断していた国内訪問、再開です。

 明日は初めての新潟市訪問。東京から新幹線で2時間ほどの近距離ですが、これまで一度も行ったことがありませんので、期待しています。夜は、アルビレックス新潟会長で、新潟総合学園総長の池田さんとお久しぶりにお会いすることになっているのも、楽しみ。今年も残りの2ヶ月ほど、海外にも出かけますが、何カ所か、国内訪問をします。いろいろなお取引先の皆さんにご挨拶できるのがうれしいです。

アイデアエクスチェンジ収録

 週刊アスキーの編集人、福岡さんにご出演いただき、本日、収録。アスキーのこと、雑誌のこれからのことなどを中心に話がいろいろと、にぎやかに飛んでいきました。配信は、来月からかな?お楽しみに!

 それから、長年勤務された三井物産退職後、AFS日本協会事務局長になられた高田祐三さんとの「アイデア・エクスチェンジ」の配信が始まっています。

「アイデア・エクスチェンジ」

リレー☆エッセイ

 小社のホームページですが、仕事に関するおもしろいインタビュー記事もでていますよ。雑誌『バイシクル・クラブ』編集長のお話。

 →「リレー☆エッセイ」

古代の都はいずこに?

 お取引先訪問、奈良編。初めての奈良訪問に、朝4時起き、黒犬たちの散歩の後、羽田発7時半の伊丹空港行きに乗る。大阪に着いてからは、近鉄の上本町経由で奈良へ。
でも、奈良に行った気分全くなし!お寺のひとつ、鹿の一頭でも見たかったけど、会場を訪問するだけで一日終わってしまった。
ただ、桜井から奈良までの間で乗った電車の駅に、おもしろい名前の駅がふたつほどあり。 京終と書いて、「きょうばて」。(人生が終わると、生終=「せいばて」、それとも「しょうばて」か?!) 帯解と書いて、「おびとけ」。
 帰りも夜8時半の飛行機で伊丹から羽田へ。古代の都はいずこか?小社を担当している、奈良出身の某証券会社の営業マンが教えてくれた、奈良のたこ焼き屋さんも次回ですね。次は、
観光で奈良に来ます。

初めてのテレビCM

 東京を始めとする全国ほとんどのエリアで、今朝7時半からの「新報道2001」(フジテレビ)で、初めて小社のテレビCMが流れました。普段はテレビを見ない僕ですが、今朝は7時の「ボクらの時代」から始まって、8時半前後にエド・はるみさんにでていただいたCMが流れるまで、ずっとテレビの前でそわそわしてしまった。ちょっと気恥ずかしい気持ちですが、これから半年、フジテレビのこの番組を中心として、CMを流します。多くの方に記憶していただけると、うれしいです。(「ボクらの時代」には、結構好きな、黒木メイサが出ていて、ちょっと得した気持ち!)

エドはるみさんに、弊社初のテレビCMにご出演いただきます。

 ここ数年、ぜひチャレンジしてみたかったのが、テレビCMです。僕自身はテレビをほとんど見ないのですが、たとえネットの時代においても、テレビの力はまだまだ侮れないと思っています。特に、日本においては。

 今年、ようやく、われわれにとってベストのタレントさんに出会いました。それがエドはるみさんです。エドさんは、ご自身がマイクロソフトのトレーナーの資格をお持ちになっていて、これまでのご経歴に、多くの方々からの共感を集めています。僕らは資格を通して、皆さんのスキルアップやキャリアアップを支援しています。僕たちの仕事を表してくれるキャラクターとして、最高の方だと思っています。

 今回、オデッセイコミュニケーションズ初のテレビCMにご出演いただき、エドさんには、とても感謝してます。9月4日、113キロのマラソンを終えて四日目に、CF撮影がありました。まだ足がいたかったことでしょうが、プロ根性を発揮いただき、とても素晴らしい演技をご披露いただいたことに、とても感謝しています。

 詳細に関しては、以下の弊社サイトをご覧ください。

「マイクロソフト認定資格」取得者、エド・はるみ出演のテレビCMのご案内

初めての取り組み

 実は、オデッセイコミュニケーションズでは、初めてのテレビCMを準備しています。今日は某ホールを借りて、半日がかりの撮影がありました。さきほど、ようやく、会社に戻ってきました。

 タレントさん、使いますよ。小社にとって、これ以上適役の方はいないと思っています。撮影風景を終わりまで拝見しましたが、たいへんお疲れのところ、最後まできっちりと対応していただきました。撮影終了後、すこしだけお話をしましたが、ちょっと大げさに言うと、運命的なものを感じました。その理由はまた別の機会にでもご披露します。タレントさんはもちろんのこと、関係者の方々にも、感謝申し上げます。

 この後、編集作業などが続きます。どのような内容か、それは完成してからのお楽しみです。きっと、皆さんに共感を持っていただけるものになると思います。

エドはるみさん、おめでとう!

弊社で発行している「オデッセイマガジン」最新号の巻頭インタビューにご登場いただいたエドはるみさん。24時間テレビのチャリティマラソンで113キロ完走されたのをテレビで拝見しました。本当にお疲れさまでした。いっそうのご活躍を期待しています!


カンボジア土産はタンタンのTシャツ


Tintin1_2

Tintin2_2
学生時代、カンボジアに留学していた社員のMさんが、夏休みでカンボジア旅行。お土産に、タンタンのTシャツを買ってきてくれました。
が!これは本物だろうか?!どうもタンタンの顔が本物っぽくないのだけど!Made In Cambodia. それに、タンタンは冒険の中で、カンボジアに行った記憶がないのだけど。(写真の左はシャツの前、右はシャツの後ろ)

北上&盛岡

Photo
Photo_2

Photo_3日帰りで、北上と盛岡のお取引先を訪問。写真の左端は、北上コンピュータアカデミーの吉川校長と小笠原教官。その右は、岩手ソフトウェアセンターの松坂専務と佐藤インストラクター。日頃のご愛顧、ありがとうございます。

 このごろ、各地のお取引先を訪問するのに新幹線をしばしば利用します。北上の駅から新幹線が出て行く写真を撮りました。このごろ、新幹線フェチというか、新幹線をとても「いとおしく」思います。よっぽどのことがない限り、律儀に、時間通りに働いてくれる新幹線。その美しい姿、技術力など、われわれ日本人の最高の部分を具現化したものが、新幹線なのではないかと思うのです。今日も、北上の駅構内に写真の新幹線が入ってくるとき、とても感情的な気持ちになったくらいです。これからもずっと、新幹線は、新幹線であり続けてほしいです。そして、新幹線の車中から東北の穀倉地帯を眺めながら、この風景がこれ以上壊されることなく、残ってくれることようにと、祈りました。

マイクロソフトオフィス世界大会決勝戦レポート

この前、ハワイであった決勝戦のレポートは、こちらをご覧ください。決勝戦レポートImage_01

ハワイであったマイクロソフトオフィス世界大会

Hawaii
 7月31日から3日まであったマイクロソフトオフィスの世界学生大会と、取引先企業との会合から帰ってきました。ハワイの気温も30度を越えていたようですが(実はずっとホテル内の会議ばかりでほとんど外出していないのです)、成田に着くと、あまりの蒸し暑さに、「ここは熱帯の東南アジアの国だろうか?」と思ってしまいました。ハワイといっても、ホノルルのあるオアフ島ではなく、火山があるハワイ島。コナ空港に降り立つと、空港の周りは溶岩石に覆われていて、奇異な風景が見渡す限り広がっています。空港とホテルの間をつなぐシャトルバスの中からの景色をみたことだけが「観光」。
 今年も日本から二人の学生を連れて行ったのですが、残念ながら入賞もかないませんでした。エクセル、ワードそれぞれで優勝したのは、タイからの学生で、英語の試験を受けての優勝なので、PCのスキルと英語をしっかり身につけていることに感心しました。
 写真はコナの空港で帰りの飛行機に乗る前、搭乗ゲートをくぐった後、振り返って撮った写真。国際空港ということになっていますが、こんなにものどかな空港でした。

 

大阪でもオデッセイユニバーシティ

  先週東京で行ったオデッセイユニバーシティ、今日は大阪でお取引先の皆さんにお集りいただき行いました。大阪も暑い!ご参加いただいた皆さん、ありがとうございます。東京には夜11時前に帰ってきました。明日の朝は早く起きる元気があれば、自転車に乗って汗をかきたいです。(ツールドフランスの中継を見ていると、普段以上に自転車に乗りたくなってきます)

帯広でお世話になっている会場

今回初めて訪問した帯広ですが、オデッセイの試験会場になっていただいている、富士通オープンカレッジ帯広校とPCスクール「プラネッツ」にお会いしました。

まず、駅についてすぐにお会いしたのは、富士通オープンカレッジの五十嵐さん。(あっと、実はその前に、クランベリーという地元で有名洋菓子店でお土産を買いましたが!)五十嵐さんはもともと根室のご出身で、大学でコンピュータを勉強した後、東京のソフトウェア会社で働いた後、帯広に「Jターン」したということでした。(写真は五十嵐さん)


Igarashi

その後、プラネッツの逢坂さんが予約を取ってくれた、レストランへ直行。昼食をしながら、ご自身のお話を聞かせていただきました。地方公務員を数年されたあとフランスへ2年間「遊学」。東京でしばらく働くも満員電車が耐えられず、帯広に帰省。ところが、なかなか仕事が見つからず、ご自分で起業することにされたそうです。今では自治体や地元企業のHPなども製作されるだけでなく、東京からの仕事もうけていらっしゃるようなことをお聞きしました。逢坂さん、落ちついた素敵な女性でしたが、うちに秘めたがんばりに感心しました。

北の大地で暮らす方々に、ほんのわずかな時間ですが触れることができてとてもよかったです。

帯広は、碁盤の目のように道路が造られ、僕は高校のとき、1年過ごしたアイオワ州に帰ったような錯覚にとらわれました。高いビルは駅前にいくつかあるだけで、町の中には空き地がぽつんぽつんとあって、アメリカの田舎町みたい。

富士通オープンカレッジ帯広校
PCスクールプラネッツ

北海道訪問

 金曜日、久しぶりに北海道訪問。前回札幌に一泊したのは、もしかして10年以上も前かな?今回は、札幌と帯広のお取引先を訪問。札幌行きの飛行機では、オデッセイを担当してもらっている広告代理店のYさんと、偶然にもいっしょになり、お互いビックリ!

 今朝、札幌から帯広に移動して、お取引先を訪問後、すぐに十勝帯広空港から帰ってきました。札幌から帯広は電車で2時間40分ほど。電車は山の中をずっと走り、北海道の広さを感じました。羽田で機内から一歩外に出ると、暑さと疲れとでへたりそうになりました。

タンタンが雑誌の表紙に

オデッセイコミュニケーションズで使っているキャラクター「タンタンとスノーウィー」が、新創刊の雑誌『diaries=ダイアリーズ』の表紙に使われています。タンタンとスノーウィーが、ロケットにまたがって宇宙旅行に出かけているシーンです。中でも4ページにわたって、タンタンの紹介記事があります。→オデッセイHP

Photo_2

第六回オデッセイユニバーシティ実施

 午後、東京丸の内で、オデッセイユニバーシティを実施。スクール経営のカギとなるインストラクターに関する議論を中心に議事を進めました。
 パソコンインストラクターだけではありませんが、インストラクター業というのは、全人格的な、その方の持つすべての人間力を発揮してはじめてお客さんに喜んでもらえる仕事だなと、あらためて思いました。お客さんからお呼びがかかるインストラクターになるためには、それなりの時間がかかるのではないか?単に、アプリケーションの使い方、資格試験の合格法だけを教えているので、お客さんのニーズに対応していけないでしょうから。
 パネリストおよび講演者の皆さん、そしてご参加いただいたお取引先の皆さん、ありがとうございました。

大学で使う出欠チェックのためのツール

 Photo

OSにウィンドウズを使った、講義の出欠チェックのために使われているツールボックス。今日訪問した某大学で拝見。100人単位の学生が登録している講義では、このようなツールを使わないと時間がかかってしまうとか。これで代弁がきかない。
 

丸の内インターネットラジオ「アイディアエクスチェンジ」ゲストとの写真

8月放送分になりますが、TBS報道局にお勤めの「自転車ツーキニスト」疋田智さんと、元佐賀市長の木下さんとのツーショット写真です。今週はお二人とお会いしました。

Hikita2

1_2

リレーエッセイ

小社のHPで続けている「リレーエッセイ」。今回で37人目になるのは、エムズコミュニケートの岡田祐子社長。過去ご登場いただいた方々のエッセイも含めて、ぜひご一読を!

エドはるみ、24時間テレビマラソンランナー

今月半ばに発行予定の「オデッセイマガジン」。巻頭インタビューはエドはるみさんです。エドはるみさんがマイクロソフトのトレーナー資格を過去にとっていたこと、同じ資格を持っている人たちの間でもご存じない人たちがまだいるようなので、念のために書いておきます。
24時間テレビマラソンランナー発表の瞬間のビデオがYouTubeに出ています。


福島訪問

Fukushima 初めての福島市。今日は東京でも今年初めての30度越えの日だったようですが、福島市内も蒸し暑かった!

福島大学と、お取引いただいているPCスクールなどを訪問。写真は試験会場になっていただいているTONET Open Collegeの美人インストラクター、斉藤さんと舩山さんを真ん中にして撮ったものです。左端は、うちの社員の山内さん。福島市でもMOS、MCAS、IC3、VBAエキスパートの運営にご協力いただき、感謝申し上げます。

 福島大学では生協のご担当者とお話をしましたが、学生たちが就職後、しっかり仕事ができるようにPCスキルを身につけさせたいという「親心」に感心!

オデッセイIT奨学金の池上クン来社

080702ikegami1 今週水曜日の話なのですが、オデッセイIT奨学金を受けて、AFS高校留学をしていた池上クンが、帰国報告のあいさつのため、成田到着のその足で来てくれました。アメリカのミネソタ州に1年間滞在。楽しい1年間だったということで、たいへんよかった!写真は会社の受付で。

大阪教育大付属池田高校の2年生に復帰後は、医学部を目指すということですが、がんばって勉強してね。

オデッセイIT奨学金

丸の内インターネットラジオ「アイディアエクチェンジ」

パーソナルトレーナーの大西仁美さんご登場。この番組を通して初めてお会いしましたが、明るく、健康的な(当然!)美人トレーナーでした。楽しいお話は、こちらへ→丸の内インターネットラジオ「アイディアエクチェンジ」

2008年マイクロソフトオフィス世界学生大会

Wwc2008_jpn6 この前の日曜日、来月末にハワイで行われる、マイクロソフトオフィスの世界学生大会の日本代表表彰式がありました。詳細は、オデッセイのHPをご覧ください。写真は日本代表の井原さん(左、ワード部門)と、藤本さん(右、エクセル部門)。

世界学生大会

『自転車をめぐる冒険』(文:疋田智、絵:ドロンジョーヌ恩田、東京書籍刊)

 来月、丸の内インターネットラジオ「アイディアエクスチェンジにご出演いただくことになっている、TBS報道局勤務で、「自転車ツーキニスト」の疋田智さんの本。絵と「つっこみ」を担当しているのが、女性サイクリストのドロンジョーヌさん。この人の絵がケッコウいけます(ちょっと色っぽいのがいい!)
 文章は、疋田さんが雑誌に書かれたエッセイを中心に集めたものです。自転車に乗っているとポジティブな考えや気持ちが浮かんでくる、自転車が「独立マインド」を育ててくれるなど、大賛成というか、諸手を上げて賛同したくなることが、たくさん書かれています。
 自転車ファンだけでなく、自転車に乗ると太ももが大きくなってしまうから「イヤ!」と、思っているすべての人におすすめ!(←これって、大きな誤解ですよ)

 
アオテンストア

福岡出張!

0093 昨日の午後から一泊の福岡出張。いつも日帰りですが、久しぶりの一泊。今回は7月にあるオデッセイユニバーシティで公開する会場訪問ビデオの収録のため。九州産業大学(福岡市)とPCワークス(八女)の2校を訪問させていただきました。関係者の皆さん、ご協力ありがとうございました。

 PCワークスは、10年ほど前、福島社長ご夫妻が始められたパソコンスクールで、最初は5台のパソコンからスタートされたということですが、現在では100台近い数のPCを置く、立派なパソコンスクールでした。われわれが日本で始めたマイクロソフトオフィスの試験とともに、大きくなってきたPCスクール。これまでのご夫妻の努力に敬意を表します。

 着いて最初に見せられたのが、写真のクワガタムシ。「このあたりは、こんな虫たちがたくさんいるんですよ!」というお話でした。それからお茶は、八女茶。

 昨晩は、弊社社員のKさん、Yさん、それから、ビデオのクルーの人たちと、市内の居酒屋に行ったのですが、飲み放題プラス新鮮なお魚の料理が、東京の半額以下の感じで、僕の福岡好きをますます確かなものにしてくれました。

青山学院大学の女子学生に脱帽!

0087 オデッセイに面接に来てくれた青山学院大学の女子学生から、ユニークなサンキューカードが届きました。ちょっと太めの社長、タンタンとスノウィーを真ん中においた切り絵です。おもしろい!

 先週は別の青学の女子大生と、メール交換。ケータイを使ったラーニングサイトを運営している女子大生です。名づけて、モバキッズ!青学の女子大生、がんばってますね。

レーシックをする社員が増えている

最近、オデッセイの女性社員が連続して、近視をレーザー手術で治す、レーシックという治療を受けています。有楽町の某眼科にみな、通っているようなのですが、話によると、流れ作業的にお客をこなしていて、たいへん儲かっているようです。10年ほど前、知人がアメリカで行ったと聞いたのが、僕の周りでは初めてでしたが、今では珍しい話ではなくなっています。

丸の内インターネットラジオ「アイディアエクチェンジ」

 丸の内インターネットラジオの「アイディアエクスチェンジ」に、スポーツナビゲーター兼プロアスリート、白戸太郎さんに登場いただいています。20日から、白戸さんとの「エクスチェンジ」の配信がスタートしています。
 白戸さんってアスリートなので、ある意味「肉体派」なのですが、とてもスマートですよ。肌感覚で習得している知恵って、強いと思います。白戸さんの強さはそこにあります。ぜひ、白戸さんのお話をお聞きください。僕は彼と会うと新しい気づきがあって、いつも勉強されてもらっています。

「アイディアエクスチェンジ」

新入社員の受験が増えてきています。

多くの企業経営者は、「うちの社員は、みなパソコンなんて使えるよ」と思っているようです。が、案外、そうでもないですよ、社長さん!

入社から一月たったこの季節、大手企業も含めて、新入社員の方々に、弊社で運営している資格を目標に、社員のITリテラシーの底上げの指示している企業が増えてきています。企業の間でも、社員教育に力を入れる余裕のあるところとそうでないところの差が、再び、顕著になっているような印象があります。

新入社員のIT教育の必要性を感じ、弊社の資格試験を使って、底上げをされようとしている企業のお役にたてるように、社員一同、がんばりたいです。

MOUGのリニューアル

オデッセイコミュニケーションズで運営しているMOUG(モーグ)。オフィス製品の使い方についてのFAQサイトとして、多数の方々にご利用いただいています。今日からリニューアルしたMOUGがスタートです。

MOUG.NET

黒犬通信で取り上げた本

黒犬通信で取り上げた本の一部ですが、アオテンストアby amazonにまとめてみました。

よかったら、こちらもご覧ください。タンタンのシリーズはすべてリストアップしています。タンタンは子供のための絵本ではなく、大人のための絵本です。内容は大人が読んでこそ、理解できるものになっています。騙されたと思って、一冊、読んでみてください。

アオテンストア by amazon

お客様の声

オデッセイコミュニケーションズのMOS/MCASの資格案内HPで、ご受験いただいた方々の体験談、試験会場としてご協力いただているPCスクールの方々のお声を掲載しています。

受験者の声

PCスクールの声

「アイディア・エクチェンジ」に原田英治さん登場。

「アイディア エクスチェンジ」第5回目のゲストは、英治出版株式会社の代表取締役 原田英治さん。先週18日から配信が始まっています。→丸の内インターネットラジオ「アイディア・エクスチェンジ」

オデッセイコミュニケーションズの広告が日経新聞にでています

419 昨日(4月19日)の日経新聞(折込のプラス1)に、オデッセイコミュニケーションズの広告が全7段ででています。tintinと、キーワードを使ったシリーズ展開を行います。第一回目のキーワードは、「目標」。

タンタンとオデッセイの広告シリーズ

銀座に新しいPCスクール

Isa_ginza3 Isa_ginza2 Isa_ginza1 試験会場として、日ごろお世話になっているISAさんが、銀座の新しいビル「ギンザ・グラッセ」に素敵なPCスクールをオープンされます。そのお披露目パーティがあってお邪魔しました。窓からは、銀座のネオンと首都高が見え、スクールの中も広々としていて、これまでにない、超・おしゃれなスクールでした。MOS、MCASを、丸の内、大手町のOLさんたちに、どんどん広めていってください!

次回の「アイディア・エクスチェンジ」ゲスト

海部さん(『パラダイス鎖国』著者)に次いでは、英治出版の創業者社長、原田英治さんがゲスト。今日はその番組収録。配信開始は、来週末から。アメリカン・ブック&シネマが出す書籍の発売でもお世話になっています。創業時のお話からお聞きしています。お楽しみに!→丸の内インターネット・ラジオ「アイディア・エクスチェンジ」

福岡訪問

福岡へ日帰りの出張。福岡は大好きな場所のひとつ。

マイクロソフトオフィススペシャリストやIC3を大々的にご活用いただいている大学を訪問させていただきました。関係各位のお話をお聞きするのは、とても勉強になります。また、先生方だけでなく、事務方の皆さんのたいへんさや熱意にも感心させられます。写真は今日お伺いした大学でのPCリテラシーの授業風景。訪問先の大学で、弊社で作ったMOSのポスターなどを貼っていただいていると、かなりうれしくなります。 Classroom_2

Poster_at_nakamura_3

中国からの友人の来社と中国のネット企業

R0010449
2年前の夏、アイセックの紹介でオデッセイに2ヶ月ほど、インターンシップで来ていた中国人留学生のチェンチェンが午後立ち寄ってくれました。彼女は、昨年来、名古屋にいて、日本の大学院に入ることを目指しています。

『馬雲のアリババと中国の知恵』(鄭作時著、日経BP発行)という本を読み始めています。アリババはソフトバンクも投資している、中国最大のネット企業のひとつ。中国は好き嫌いではなく、よく理解したい国のひとつです。

丸の内インターネットラジオ「アイディア・エクスチェンジ」

『パラダイス鎖国』(アスキー新書)著者の海部美知さんが登場。

http://mir331.radilog.net/

Windows Vista の試験が近々始ります

オフィス2003までの名称はMOS。オフィス2007からは名称がMCAS。名称以外にいくつかの変更点があります。そのひとつは、MCASからOSの試験が追加されたことです。あとひとつ大きな変更として、今年後半から来年にかけてになりますが、MCAPというアプリケーションをまたいだような試験もでてきます。そして、MCASとMCAPを総称して、MBC=Microsoft Business Certification と呼びます。つまり、MBC=MCAS+MCAP.

ところで、近々、Windows Vistaの試験がスタートします。(試験の概要は、こちらをご覧ください。)

4月1日号の『日経コンピュータ』に、「XPの”次”はVisitaか?」という記事がありました。企業にとって、新しいOSに切り替えていくことはさまざまなハードルがありますが、その中の一つが、トレーニング、教育費用。社員の方々に、Vista試験を目標として提示してもらえればうれしいなと思います。

来月のアイディア・エクスチェンジ

来月配信予定の「アイディア・エクスチェンジ」を収録。先日紹介した大学の同級生で、「パラダイス鎖国」を出版した海部美知さんが、対談相手です。今週出版イベントのために来日していて、米国に帰る前にご来社いただきました。ご期待ください。

サイボウズ・青野社長、丸の内インターネットラジオに登場。

丸の内インターネットラジオ「アイディア・エクスチェンジ」。3人目の対談相手は、サイボウズの青野社長。4回にわたって青野さんとの対談が続きます。一回目の今回は、松山でのサイボウズ起業から大阪経由で東京にオフィスを移されるまでのお話が中心。

丸の内インターネットラジオ

2007 Office system に完全移行

これまで2000、XP、2007と異なるバージョンが混在していましたが、本日より、オデッセイコミュニケーションズでは、2007 Office systemに完全移行しました。

インターンのみんな、ありがとう。

 花の金曜日、会社に11時半まで残ってしまったのですが、帰って朝日新聞夕刊を見ると、「ニッポン・人脈記」(外交の波頭を行く⑪)に、大学の同級生の水鳥真美さんが顔写真入りで紹介されていました。2003年かな、卒業20周年の同窓会で会いましたが、彼女は僕の同級生のなかで、とても優秀だった女子学生の一人。現在は、ロンドンの日本大使館勤務。

 ところで、この2週間、立教大学、フェリス、それと共立女子大学から一人ずつ、インターンシップの学生が来てくれていたのですが、皆さん、素直で熱心な学生たちでした。うちの社員の人たちにも、いい刺激になったことと思います。今日は最後の日だったので、僕の部屋で1時間ほどいっしょにお話をしました。この2週間で、普段、学校では得られない経験を、すこしでも出来たことを期待してます。また近いうちに顔を見せてください。

 

シンガポールから帰るとスイスの話

 今朝シンガポールから成田到着。ちょっと家で休んで、午後出社しました。シンガポールと東京の間は時差がありませんが、冬の間の移動は気温差が大きいので(25度ほどの差)これが結構応えます。それと、東南アジアでは、室内の冷房が強すぎるのが体にきついことの一つです。(僕は東京の夏でも、寝るときには絶対に冷房を入れません) 

 午後は、オデッセイIT奨学金を受けて、明日からスイスにAFS高校留学をする渡辺君が、われわれのオフィスを訪問してくれました。オデッセイIT奨学金の「2期生」にあたります。渡辺君は、名古屋にある豊田高等専門学校の学生で、元気一杯の男子生徒。IC3に合格したことで、それまで自分が持っていた知識やスキルを、他の人にも理解してもらえるもので表すことができたと、話してくれました。スイスのドイツ語圏の人口200人ほどの村に行くそうです。きっと自然豊かなところでしょうが、日本にはない生活や価値観にふれてもらいたいものです。1年間の幸を祈っています。

 

 

japan originated standard or "jos" (not "jis"!)

朝8時から丸の内インターネットラジオ3回目の収録。今回の対談相手は、サイボウズ社長の青野さん。同じ愛媛県出身ということもあって、親しく感じています。(ただし、僕は生まれは高知県ですが) 青野さんは、日本発のグループウェアを世界に広めていきたいというのが、ビジネスの目標。そのあたりのお話だけでなく、起業当時のこと、さらには出身地である今治でどのような子どもだったのか、プライベートのお話もお聞きしました。3月には青野さんとの対談が「放送」されることと思います。お楽しみに。(→丸の内インターネットラジオ

 青野さんのお話とも関連するのですが、「グローバルスタンダード」へ反発するばかりでなく、日本発のスタンダードを他国のひとたちに、受入れてもらう、あるいは買ってもらうことに、もっと努力を払えばいいのにと思います。そんな英語があるのかどうかわからないのですが、japan-originated-standard (日本発のスタンダード)、略して、jos。jis規格っていうのがありましたが、jis ではなくって、jos。

 先週はシアトルでアジアから来ているビジネスでの友人たちが、食事の席で、宇多田ひかるや谷村信司(「昴」)の歌が好きだというので、「へぇー!」と驚いていたのですが、今週は、ルーマニアから来ていたエンジニアたちが、キャノンの最新デジカメを買って大喜び。ハードだけでなく、ソフトを、そしてソフトの中のソフト、スタンダードを、もっと売っていく努力を日本はやるべきではないかとあらためて思います。

 

MCAS学園オープン

Logomcas マイクロソフトのHP内に、MCAS(Microsoft Certified Application Specialist)のことがわかるMCAS学園がオープンしています。とても楽しいサイトに仕上がっています!→MCAS学園

オデッセイテスティングセンターでACA 受付開始!

オデッセイコミュニケーションズの直営試験会場で、アドビ認定アソシエイト(ACA)の受験申し込み受付が始まっています。詳細はこちらへ→オデッセイテスティングセンター

「遠方より友来る」一日

毎日いろいろなことがあるのですが、ちょっとうれしい一日でもありました。

ひとつは、以前、エティック(ETIC)の紹介でオデッセイにインターン生としてきてくれていた、当時中央大学の学生だった高雄さんが連絡してきてくれたこと。なんと8年ぶりかな。来週お会いすることになりましたが、どれだけ「成長」したのか、楽しみ。

二つ目は、大学の同級生と24、5年ぶりにゆっくりと食事をしながら話をする機会を持てたこと。彼とは10年ほど間、東京駅構内で偶然会ったことがありますが、今夜のように何時間もかけて話しをするのは、大学卒業以来。夕方、うちのオフィスに来てくれたのですが、社員のひとたちの対応や仕事風景にお褒めの言葉。それと僕以上にうちの会社のサイトを細かく見てくれていて、特に新卒採用担当のSさんのHPでの仕事振りを、「一生懸命やっているのが伝わってくる」とも。普段、社内では「キツイ」話をすることが多いので、そういうコメントを友人や知人からいただけた時には、是非社員の人たちに伝えたくなるとともに、感謝したくなります。

そして最後は、3月に発行予定の「オデッセイマガジン」のこと。僕が好きな歌手が巻頭インタビューを飾ることになったとか。それが誰かは、後ほど発表します。どんなインタビューになるのか、楽しみです。

 

オデッセイユニバーシティ開催@丸ビル

Ou2 今年初めて、通算して第5回目になるオデッセイユニバーシティを東京・丸ビルで開催。31日には、大阪でも行います。試験会場になっていただいているPCスクールの皆さんにとって有意義な情報収集、情報交換の場にしていただければという希望で行っている弊社のイベントです。

IT研修、教育業界では有名な宮沢さん(ラーニング・アーキテクチャー社長)ほか、マイクロソフト、アドビ、またリクルートで「ケイコとマナブ」の編集長を行っている杉原さんにもお話しいただきました。写真は、マイクロソフトの篠木さん。

好評のPCスキルチェック@日経ナビ

Photo 今日はビッグサイトで開催されている、日経ナビ・メガフォーラムに、オデッセイコミュニケーションズも参加しています。大学生の就職活動にこたえるイベントです。お蔭様で、開場の朝10時から、多数の学生参加者に、弊社のPCスキルチェックコーナーに足を運んでいただきました。入社時までには、オデッセイコミュニケーションズで提供しているIT資格を受けてくださいね。

 会場には300社近い会社が出展していたので、ブースからブースに、他社の様子を見て歩きました。一般的にいって、知名度の高い会社、大手企業に集る学生の数は多いようでした。日本の大学生の場合、どうしてもそうなるのかなと思います。

 「へえ、こんなところも出展しているの!」と思ったのが、茨城県警。お巡りさんのなり手も少なくなっているのでしょうか?

Photo_2

 

MCAS導入紹介事例

MCASを企業内でご活用いただいている日本ビジネスシステム株式会社(ITサービス事業提供)が、マイクロソフトのHPで紹介されています。

 http://www.microsoft.com/japan/learning/mcp/msbc/case/jbs.mspx

またオデッセイコミュニケーションズのHPでは、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の導入例として、日本大学商学部のケースをご紹介させていただきました。

 http://mc.odyssey-com.co.jp/case/sch03.html

マイクロソフトオフィススペシャリストと菅野美穂さん

前々号のオデッセイマガジンの巻頭インタビューにでていただいた菅野美穂さん。通信教育ユーキャンのCMでもご活躍ですが、そのユーキャンのCMでマイクロソフトオフィススペシャリストも出ています。以下のサイトをご覧ください。(菅野美穂さんの「実用的なヒト」編)

http://www.u-can.co.jp/cm/cm_gallery_2.html

AFSの池上君からの写真とメール

402

Host_family1_3オデッセイIT奨学金の「一期生」として、アメリカミネソタ州にAFS留学している池上君からメールと写真が送られてきました。ホストファミリーとの写真と、クリスマス風景。メールによるとスキー部に入ってスキーもやっているとか。ミネソタ州は僕がAFSで1年生活したアイオワ州のすぐ北にある州ですが、アイオワと違ってスキーもできるんだ!アイオワは州全体が平坦でスキーなんてできるようなところではなかったのですが。アイオワが全体的に農業州でそれほど大きな産業もないのに対して、ミネソタ州はコンピュータなどのハイテク企業があるところで、飛行機会社のノースウェストも本社はここです。池上君にとって2008年が素晴らしい学びの1年になることを期待しています!

久留米市の中1・久保田さん、ワード合格

西日本新聞のウェブ版に、久留米市の中学1年生が、オフィススペシャリストのワードに合格という記事がでています。→こちら

オフィススペシャリスト受験者200万人突破の新聞広告

0062 0063_2 今朝の日経新聞・朝刊に、オフィススペシャリスト受験者200万人突破の一面広告を出しました。4面に大きく、「勝負に出る人の力になる。」というキャッチコピーとともに、タンタンとスノーウィーがでています。

 ついでにコピーもご紹介しますと、「ここ一番の人生の勝負時、自信を持って戦うためには、マイクロソフトの認定資格が、きっとチカラになります。世界共通の認定資格に挑んだ人は、日本だけでもすでに200万人。ステップアップをめざすあなたをオデッセイコミュニケーションズが応援します。」タンタンとスノーウィーが活躍してくれたので、これまで作った広告の中でも特にいいものになったかなと思っています。

 カラー写真は、新聞広告と同じデータから作ったポスター、白黒写真は、今朝の日経新聞から。我が家のテーブルにおいて撮った写真です。日経新聞に一面広告を出すのは数年ぶり。

 明日は、産経新聞(首都圏版のみ)と産経が出しているタブロイド新聞「エクスプレス」(全国版)に一面広告がでます。産経新聞に広告を出すのは今回が初めて。お楽しみに!

オフィススペシャリスト受験者数200万人突破

12月20日、オフィススペシャリストの受験者が累計で200万人を突破いたしました。10年ほどかかりましたが、関係各位のおかげでこれだけの規模の資格制度に育ってまいりました。ネットメディアでも取り上げていただいています。→(日経IT Pro, IT Media)

 お昼をごいっしょした「エクセルの達人」といわれている専門家の方が、「大学生は、『ヤフーオークション、ミクシー、2チャンネル』を使っていることで、パソコンやインターネットが使えると思っている人が多いのではないか。会社に入ったら必要になるパソコンのスキルをしっかり身につけたほうがいい」というご意見でした。また、オフィス内においても、ワード、エクセルなどのマイクロソフト・オフィスでできることがたくさんあるのに、つまり何十万円単位でかなりのことができるのに、何千万円というようなお金を知らないままに使っている企業経営者がいるということも話題になりました。

 TOEICなどと比べると、まだまだ経営者の方々の間で、われわれの行なっている資格の重要性が十二分に認識されていないと感じています。はっきり言って、英語よりもずっとワード、エクセルのスキルは実際的であり、必要とする層の広がりがあります。(各企業内で、英語を使う人は10%以下かもしれませんが、PCを使う人は100%と言っても過言ではありません。) そういうことを強く訴えていき、もっと広く企業内で認知していただくべく、努力していきたいです。限られた時間をどのスキルや知識を習得するために使うのかという意味で、われわれの資格は広くビジネスパーソン向けの他の資格と競争していると思っています。

動画でオデッセイの資格紹介

今月からオデッセイコミュニケーションズのHPで、われわれが運営しているマイクロソフトの資格のご紹介を動画で行なっています。MOSを採用いただいている法政大学、楽天、九州大学大学院で教えている村藤功教授とのインタビューも含まれています。→動画でのMOS・MCAS紹介

「aotenスキルチェック」プレゼント

070920aoten_skillcheck3 オデッセイのサイト「aoten」のスキルチェック・コーナーで、マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)受験者200万人突破記念のプレゼントを行っています。

スキルチェックプレゼント

オデッセイIT奨学金の池上君からのメール

Dsc04425 Dsc04456 Dsc04560 大阪教育大学付属池田高校からアメリカのミネソタ州にAFS留学している池上侃君から、写真とお便りをお送りいただきました。先月末にいただいたお手紙の内容は、オデッセイのHPでもご紹介させていただいています(→こちら)。ミネソタ州は、僕がAFSで行ったアイオワ州の北にあります。今頃の季節は、モーレツに寒いのですが、夏はとても気持ちのいいところです。池上君がいるEden Prairieという町は、HPによるとミネアポリスの郊外にあるようですから、かなりいいところではないかと思います。

ミネアポリスはアイオワにいた頃、ホストファミリーに連れて行ってもらったこともありますし、働き始めてから仕事で何度か行ったこともあります。数年前には、取引先の役員の方がミネアポリスの空港から少し行ったところにお住まいで、ご自宅に泊めていただいたこともあります。この町は、コンピューター・メーカーが何社か生まれたところですし、全米の大企業も多く、とても所得水準の高いエリアです。池上君にとって、とてもいい経験になることを期待しています。

オデッセイ今日のニュース

ちょっと会社の宣伝をさせてください。

オデッセイコミュニケーションズでは、来年1月から、アドビシステムのソフトウェアの利用能力を測る一般ユーザー向けの資格試験を開始します。本日、そのサイトがオープンしました。→こちらをチェック

それから、昨年についで二回目になるのですが、元旦、決勝戦が国立で行なわれる天皇杯全日本サッカー選手権のオフィシャルスポンサーに加えていただきました。詳細は→こちら

アウンコンサルティング・信太さん登場

Essei_photo1 オデッセイコミュニケーションズのHPで展開している「リレー・エッセイ」。現在のビジネスシーンで活躍中の方々にご登場いただいているのですが、今回は、SEO・SEMで有名なアウン・コンサルティング社長の信太さんがご登場。松戸のアパートからスタートしたという起業経験をお読みください。

オデッセイコミュニケーションズHP

社長室は簡素でいい

20年ほど前、ニューヨークの非常に有名な投資銀行のパートナーだった知人の招きで、その会社を訪問したことがあります。ここは、M&Aで欧米では有名なところで、その頃はまだパートナー制をとった未上場の会社でした。

その会社のパートナーたちは皆、最低でも年収数億から、上は数十億円のビジネスマンたちで、ビジネスウィークなどでもしばしば取り上げられるような組織でした。そこから内定をもらったのですが、自分に自信がなくて、結局、友人に迷惑をかけるような形で、そこで働く話は立ち消えになってしまいました。僕のキャリアにおける後悔のひとつです。

その会社は、オフィスにカネをかけないことで有名で、パートナーの方たちの部屋も、本当に質素なのに驚きました。それを実際に拝見したことは、その後の僕にとっては、とてもいい経験になっています。

英会話スクールNOVAの社長の部屋が、弁護士によって公開されています。正直言って、趣味が悪いなというのが印象ですが、それは別にしても、社長室に6000万も、7000万もかけるなんて、信じられない話です。いくら儲かっていたとしても。

知り合いの会社などを訪問して、社長室に通されると、その人の趣味や、社員の人たちの部屋と比べて、どのくらいお金をかけているのかが分かって、おもしろく思います。僕の会社よりも小さな会社の社長が、立派な部屋を作っているのをみて、驚くことがしばしばあります。

僕は社長室は簡素で、機能的であれば、それで十分だと思っています。

丸の内夜景

0055 オデッセイコミュニケーションズのオフィスから歩いて数分のところに、最近できた話題のホテル、ペニンシュラ。オープンして数週間ほどの頃、一度、ロビーを歩いてみましたが、ミーハーのおばさん、お姉さんたちで一杯!このホテルの敷地面積はそれほど大きくなく、ロビーもかなりこじんまりしています。ロビーのカフェで軽い食事や飲み物をしたい女性たちの列が、ホテル内で、50メートルくらい続いているのは、異常な風景でした。ペニンシュラほどのホテルであれば、入場制限すればいいのにと思ったくらい。

写真は、タクシーの車中からケータイ・カメラで撮ったペニンシュラホテル(右側)。

MCASで(Vistaを除く)すべての科目がそろいました

会社の宣伝をさせてください。

マイクロソフト・オフィスの最新版、オフィス2007対応のエンドユーザー試験、Microsoft Certified Application Specialist (MCAS)の試験がそろいました(MCASから追加されたVista試験を除く)。すでにスタートしているExcel 2007、Word 2007に加えて、Powerpoint 2007, Access 2007, Outlook 2007対応の試験が、先週、リリースされました。詳細は、こちらへ。

[E:sun]今日はいい天気でしたね。朝7時半から、オデッセイ社員のHさんといっしょに、2時間ほどサイクリングをしました。少々風が強かった以外は、楽しい時間でした。最近、すれ違う他の自転車の人たちと、挨拶をすることが増えています。知らない同士でもかわす挨拶が、とても気持ちがいいです。[E:happy01]

オデッセイIT奨学金の山下君(ドイツ)からの写真

Dscf0123 先月、ドイツに1年間のAFS留学に出発した、愛媛県立伊予高校の山下君から写真が届きました。お母さんからいただいたメールによると、ホストファミリーにもとけこみ、体重も1.5キロ増えたとか。黒犬フォトギャラリーにも出した、ドイツの黒犬は、ホストファミリーで飼っている、Joshiという♂犬だそうです。

今のところ、ドイツ語で苦労しているそうですが、1年後には、ドイツ語ペラペラで帰ってくるかな?!

書いたケースがまだ残っていてびっくり!(ハーバードビジネススクール)

ハーバードビジネススールの2年目の1987年、同学年だった青木さん(彼は当時の東京銀行からの企業派遣)といっしょに書いた、The World VCR Industry (なぜ、ベータがVHSに敗れたか)というケースが、ハーバードビジネススクールのケースとしてまだ販売されていることを偶然見つけました。author のひとりとして、僕の名前がクレジットされています。驚きです!(あんなひどい内容で、申し訳ない気分で一杯です) それとも、当時まだAssociate Professor で、今では大家となっているDavid Yoffie教授が、大幅に内容を改善してくれたのか?

ハーバードビジネススクールに在籍していたことを思い出させてくれる 「証拠物」のひとつです。

丸の内風景

0045_2 0046_2

お昼にビジネススクールの知人を訪問。知人のオフィスが入る、東京駅八重洲側にある、パシフィック・センチュリー・プレイスから見た風景です。

東京国際フォーラム側(右の写真)と、東京駅側。上からみた国際フォーラムが美しいです。

菅野美穂主役「働きマン」

今夜から日本テレビ系列でテレビドラマ「働きマン」が始まります。来週都内の主要地下鉄駅で配布される、メトロポリターナ増刊号、中身はオデッセイマガジン5号目なんですが、巻頭インタビューにでていただいているのが、「働きマン」で主役を演じる菅野美穂さんです。

オデッセイマガジンですが、マイクロソフトオフィススペシャリスト合格のOLの方たちをご紹介するほか、楽しい情報が一杯です。ちなみに、菅野美穂さんの写真撮影の際には、立ち会いましたが、大きな目をした、かわいい方でした。

「私の誕生プレゼント」

今日の朝日新聞朝刊からです。生活面の「ひととき」というコーナーで、53歳の誕生日に、弊社で運営しているマイクロソフト・オフィス・スペシャリストをご受験いただいたという方の投書を拝見しました。これまでご事情があって働くことができなかったが、「ワード」と「エクセル」に合格したので、自由に働ける時間帯で年齢不問の職場を探して、少しは社会参加したいということでした。

われわれがいっしょにお仕事をしているマイクロソフトのSさん、オデッセイの社員一同、投書をされた横浜市にお住まいの河野さんに、感動をいただきました。こころよりお礼申し上げます。

aoten スキルチェック

0035_3 オデッセイで運営しているサイトaotenに、新しいサービス、「aoten スキルチェック」が登場しています。あなたのマイクロソフトオフィスの知識をチェックしてくれるウェブ・サービスです。これは日本を代表するある大手企業のフィードバックをいただきながら作ったもので、企業内における利用状況にそくした内容になっています。

ところで、今夜は定期的にお会いするお取引先と夕食をしたのですが、レストランの窓からは、一人店先につながれた白い犬が目に入ってきました。写真は、ケータイで撮っているので、ズームが不十分ですが、赤の看板の右に立っているのが、白犬です。よくお店の前で、なんとなく心配そうにご主人様を待っている犬を、この頃、よく見かけます。

今年のITEI

今年もITEI(IT Education Initiative)を開きます。今年で6回目になります。昨年は、金曜日に行ったのですが、今年は一回目から4回目までと同じように、日曜日(11月18日)に行います。日曜日に行うことで、IT教育に関心を持つ、一般の方々にもご参加いただければと希望しています。

9月12日の朝日新聞朝刊の「うごく地域」というコーナーで、「IT化 脱・大手頼み」という記事がありました。この記事の中で、インタビューを受けている韓国出身のITアドバイザー、ヨム・ジュンスンさんも講演者のお一人です。

そのほかの講演者を含む、イベント内容の詳細が決まり次第、こちらのサイトで発表していきますので、お楽しみに。

ITEI公式サイト

丸の内起業塾懇親会@新丸ビル

新丸ビル10階にある東京21世紀クラブを会場にして、丸の内起業塾の懇親会がありました。東京だけでなく、福岡、秋田、神奈川を含めると、参加者は200名を越えていて、今夜は久しぶりにお会いするお顔もあり、楽しいイベントになりました。その後は、同じフロアーにはいっている某・ベンチャー企業の代表の方と、簡単な食事に行ったのですが、この方のバイタリティと真っ直ぐさが大好きです。丸の内も、真夜中まで飲み食いできるレストランが増えていて、時々ですが、今日のように遅い時間にも人と会いたいときには、とても便利になっています。

オデッセイIT奨学金でドイツに!

Afs_group2 明日、エイエフエス(AFS)でドイツに旅たつ、オデッセイIT奨学金受賞者の、山下拓人君(愛媛県伊予高校)が、出発前に、オデッセイのオフィスを訪問してくれました。ドイツでは、300人程度の人口の町の農家がホストファミリーだそうです。ドイツでの一年間は、きっと有意義なものになると思います。

写真にいっしょに写っているのは、山下君(前列、右)が受けてくれたIC3の日本での営業を担当しているチームのメンバー(後列3名の女性陣)と、AFSの大野さん(後列左)、制作担当のYさん(前列左)、それと黒犬好きなのに、今日は白い服の僕です。

日経パソコンの「読者の広場」から

日経パソコン(8月27日号)の「読者の広場」で、「Office スペシャリスト講座開設を望みます」という投書を発見。68歳の茨城県の方からですが、6月25日号のビジネススキルアップ連載「Officeスペシャリストになろう」が、たいへんいい記事だと思ったということで、日経パソコンには、試験に合格するような内容をもう少し盛り込んでもらいたい、という内容でした。

われわれとしては、ちょっとうれしい投稿です。