Categories

Archives

一覧を見る

ツイッターは「首相動静」だね。

 移動したり、行動したりするたびにツイッターに書き込みをしている人が多い。どこで誰に会ったとか、どこのレストランで食事したとか。こんなことをずっと公表してきた人が日本には一人いた。それは日本国総理大臣。いったいいつから始まったのかしらないけど、主要新聞では、もう何十年と(だと思う)、総理大臣の前日の行動を追っている。

 朝日新聞の場合だと、朝刊に「首相動静」というコーナーがあって、何時に誰と官邸で会った、どこどこのレストランで誰々と会食したなんてことがでている。例えば、昨日、菅総理は「午前7時38分、宿泊先の広島市南区のグランドプリンスホテル広島発。寺田首相補佐官同行。49分、同市中区の平和記念公園。」から始まり、「午後7時12分、東京・永田町の日本料理店、『つきじ植むら』で、江田前参議院議長、荒井国家戦略相ら、菅首相を支持する同党国会議員の会合に出席し、あいさつ。8時13分、公邸」で終わっている。

 こちらの情報発信は一日遅れ、すべて過去形。対してツイッターで自分の行動を発信している人たちは、現在進行形という違いはある。ツイッターでwhere, who, why, what, when, how を公開している人たちは、「首相動静」と同じことを自発的に発表している。もちろん、すべての行動ではないだろうけどね。(そう言えば、田中康夫はペログロ日記で、プライベートのことも露出していた記憶)
 
 みんなが総理大臣になってしまったのだ!
 
 僕もツイッターをやってみてはいるけど、「分刻みの行動」をとっているわけでもないし、著名人とそうそう会うわけでもない。それに大したレストランで食事したりすることもあまりない。残念ながら、それほどドラマチックな毎日を送っているとも思っていない。どちらかというと、一日一日、すこしずつでいいから人間として成長していければいいと思っている。
 
 「誰々に会った、どこどこで食事をした、どこどこに移動中」というツイートは一時的にはフォローしたとしても、だいたい数日もしないうちにフォローしないことにしている。自分のことを他人にさらけ出す必要もないけど、他の人が誰と会ったとか、どんな食事したとかにも、あまり興味がない。好きなタレントやアーティストの日常生活さえもあまり興味がない。(伊藤由奈のブログもほとんど見ない。それよりも、コンサートをやってほしい。木村多江が電通社員と結婚していようが関係ない、映画でいい演技を見せてくれればそれで満足)そんなことをフォローしていると、あこがれの気持ちがなくなってしまうもの。すべての人間関係、適度な距離感というか、付かず離れずがいいような気がする。カイ(11年以上おつきあいの♀の甲斐犬)とさえも、お互いに一定の距離感を保っているもの!

 総理大臣は公人だからいやでも行動を監視される。公人はつらいよね。でもツイッターで自分の行動を公表している人たちは、公人になりたいのかもしれない。