Categories

Archives

一覧を見る

毎日執筆、本200冊読破

 今日の朝日新聞夕刊の「人生の贈りもの」で、ある作家が、「天才作家はいいでしょうけど、われわれふつうの作家は毎日、書かないといけません。バイオリニストが毎日、トレーニングするのと同じです。手を動かすことで、続きが浮かんでくるもんですから。想が浮かんだときだけ書く、それじゃあ、絶対ダメです。」
 また、ものを書くときは、その分野に関する本を100冊か200冊、読めばいい、とか。この方法論は、立花隆さんと同じ。
 すべての仕事人にヒントになる言葉!