Categories

Archives

一覧を見る

円安を希望する亡国論者。

円安で得をしている企業は日本全体で一体何割程度なのか?国全体としてみたときには円高の方がいいに決まっているのに、相も変わらず円安希望の企業人がいることに、うんざりしてしまう。株式市場も、円安になるとプラスの反応を見せたりする。これにも、うんざりする。
金利もゼロがいいという企業人がいて、なにを言っているんだと言いたくなる。
資産家たちは、海外にカネを動かしているというから、彼らも円安を歓迎するのだろうか。せっかくドルに換えたのだから、ドル高の方が気持ちはいいだろうし。

ゼロ金利と円安のお蔭で、日本経済の非効率は温存されたままで、新陳代謝はいっこうに進まない。結局、構造改革を行うことは、人を切ることにつながるので、だれも嫌われ役なんて演じたくない。経営者(企業)も、政治家(国家)も、人を切ってうれしい人なんていやしない。だから構造改革はなかなか進まず、組織はじわじわと沈んでいく。

切られた人は教科書的に言えば、再訓練を受けて、成長分野に移動していくべきなんだけど、人間年取ってくると勉強する気力も体力もなくなるし、変にブライドだけは高くなってゼロから再スタートするなんてことは、そう簡単にはできなくなる。

今日、ある会合でエコノミストの話を聴いていて、最後に「企業をいい意味で揺さぶるには円高しかないのでは?」と質問したところ、「自国通貨が値上がりして滅びた国家はない」と賛成のお答えをいただいた。

いつかきっとこんな日が来るのではないかと思う。日本国内に十分な貯蓄がなくなり、海外からのカネに頼らなくてはいけない。そのために、円がいかに有利な通貨であるかという宣伝を国をあげてしなくてはならない日が。そのときになって、円高こそ日本にとって望ましいことだと、なるのだろう。その前に、延命のためにひたする円安を望んでいた企業はとっくになくなっているだろうけど。