Categories

Archives

一覧を見る

パーソナルな予感。

円安株高相場(安倍相場)の動きがすごい。この2ヶ月ほどの動きのスピードにはなかなかついていけない。ぼやぼや考えているうちにどんどんと進んでいく。先週末のFinancial Timesの記事でも、「10年以上、日本は株式投資の世界には関係ない存在だったけども、昨年末以降、無関係の存在ではなくなった。」とあった。僕は業界からは遠い存在なので詳細はわからないけど、「まったく見向きもしかなった海外投資家たちは、これからは日本株を無視できない」という声も聴くし、「アメリカ株は最高値に近い。いまなら日本株だ。」という意見も聞く。

高速などでクルマを走らせるときには、横や前を走るクルマに眼がいくのだけど、最近、マツダのCX-5をよく見かける。スカイアクティブとディーゼルの組み合わせで計画を上回る勢いで売れていると聞いている。そのマツダは、去年11月までは100円程度の株価だったのに、この2ヶ月ほどで280円を越えるレベルまで上がっている。今日、マツダは、「円安効果で通期営業利益予想を8割上方修正」と発表した。(→ロイター

円安株高相場が、いつまで続くのかわからないけども、マツダのようなケースを見ると、輸出企業は今年ある程度復活するかなという気もしてくる。企業業績がだんだん改善してくると、日本株の活況は本格的なものになってくるだろう。

アメリカが円安ドル高に関して、この3ヶ月ほど、まったく口を挟んでこないのは、安倍総理に対して「貸し作り」に励んでいると見える。いつ、どのように、その「貸しを返してくれ」と言ってくるのか、ちょっと恐ろしい気もする。

3年間の不毛の民主党政権があっけなく終わり、再び昔の名前ででていて、どれだけ中身が変わったのか、まだわからない自民党政権が復活した。

公私共々、ミクロ、マクロ共々、今年は大きな変化が起こる年になるような予感がする。唯一の心配は、日本の政治。

今年の終わり、どんな「パーソナルな気持ち」を書いているかな?