Categories

Archives

一覧を見る

『日本の未来について話そう_日本再生への提言』(小学館)

コンサルティング会社のマッキンゼーが責任編集者としてでた本。マッキンゼーはアメリカ国内であった大がかりなインサイダートレーディングにパートナーが関与していて逮捕者もでたということで、FT(フィナンシャルタイムス)に大きな記事が先日出ていたばかり。「マッキンゼーの未来について話す」ことの方が先のような気もするけど、この本の企画自体は、マッキンゼーの日本法人からでているようなので、アメリカのことはこれ以上書かない。

会社でアシスタントのSさんが、第9章「文化の継承と発展」の中に、『ドッグマン』(アメリカン・ブック&シネマ最新刊)の著者であるマーサ・シェリルさんが、「秋田犬の系譜」というエッセイを書かれていることを教えてくれた。エッセイのタイトルは「秋田犬の系譜」となっているけども、ちょっと誤解を与えてしまうような気がする。彼女が書いているのは、秋田犬を絶滅の危機から救った『ドッグマン』の主人公、澤田石守衛がどれほど個性的な日本人であったのか、彼が秋田犬の中に見つけ、もっとも大切にした「気性」とは、「エネルギーであり、バイタリティであり、強さであり、勇気である」こと、その「気性」こそ、澤田石さんが身につけたいと願い、日本の近代化に伴って失われつつあると憂えた精神だったこと。この「気性」が社会の繁栄と力強さの柱であること。そんなことがこのエッセイのメッセージなのに。

発行人の僕が言うと自画自賛になってしまうけど、『ドッグマン』こそ、震災で傷ついた東北の方々に読んでいただきたいと強く思っている。(東北エリアのお取引先には一冊ずつ贈呈済み)。秋田犬に関心がない方でも、きっと読んで良かったと思っていただけるという自信作です。

『日本の未来について話そう』を読まれた方にも、『ドッグマン』(アメリカン・ブック&シネマ発行、英治出版発売)を読んでいただければ、うれしい。

アメリカン・ブック&シネマ