Categories

Archives

一覧を見る

『趙紫陽・極秘回想録』

 サンフランシスコであるWeb 2.0 Summit に来ていますが、それについてはまた別途書きます。今日、ホテルで読み終えたのが、天安門事件(1989年)でデモ学生たちへの対応が甘いとして失脚した、当時中国共産党総書記だった趙紫陽が、生前残していた回想録。共産党の指導者たちの間での権力闘争のすさまじさをかいま見ることができる本です。
 晩年の趙紫陽(2005年自宅監禁のまま北京で死去)は、西側民主主義政治制度を高く評価していたようです。(「二十世紀に、世界にさまざまな政治制度があったが、やはり西側の議会制民主主義に生命力があることが明らかに示された。この種の制度は、現在、実現しうる中では比較的いいものであり、民主を具現化し、現在の要求にかなった、成熟した制度ではないかと思う」)
 これからはアメリカだけでなく、中国のことももっと勉強しておかないといけないかと思っています。中国語(北京語)もすこしぐらいは理解できるようになりたいもの。