Categories

Archives

一覧を見る

映画「この空の花」

大林宣彦監督の最新作です。(→公式HP
太平洋戦争の末期の米軍による大空襲から始まって、中越地震、そして昨年の東日本大地震に至までの時間の流れのなかで、長岡で生きてきた人たちを中心とした物語。大林監督の映画を観ると、いつも涙腺がゆるゆるになるのがちょっと困ることなんだけど、この映画でもそうなってしまった。

有楽町スバル座で観たのですが、8日までで打ち切りになるのが残念。

松雪泰子、原田夏希、それから富司純子の演技と表情がよかった。
長岡には一度だけ、それも取引先訪問で2時間程度、新潟に移動する前に訪問したことがあります。
長岡の花火大会や山本五十六などの記念館などをゆっくりと観に行きたい。